絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.79

ねこだましねこだまし
(2004/10)
斉藤 洋

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、斉藤 洋 さん・文 高畠 那生さん・絵の
ねこだまし」になります。

まずは、作者紹介。
文を書いてます斉藤 洋 さんは、1952年東京都生まれ。
ドイツ文学者、児童文学作家、亜細亜大学経営学部教授。
1975年中央大学法学部法律学科卒業後、
葛飾区の信用組合勤務をされます。
その後、
1977年同大学院文学研究科ドイツ文学専攻博士前期課程(修士)修了。
1986年「ルドルフとイッパイアッテナ」を第27回講談社児童文学新人賞で受賞。
児童文学作家デビューを果たします。
1988年「ルドルフともだちひとりだち」で野間児童文芸新人賞を受賞など、
その他にも多くの賞を受賞されています。

ドイツ文学者としての斉藤さんは、
ドイツの作家、作曲家、音楽評論家、画家、法律家でもある、
ロマン派を代表する幻想文学の奇才 
くるみわり人形」を書いたE.T.A.ホフマンについての論文を発表されています。

絵を描かれている高畠 那生さんは、1978年岐阜生まれ。
東京造形大学美術学科絵画専攻卒業。
絵本作家、イラストレーター。
主な絵本の作品に「だるまだ! 」「チーター大セール」「サキサキ オノマトペの短歌
いぬのムーバウ いいねいいね 」「おしゃべりどうぶつえん」などがあります。


さて、今日のお話はおねだりをするネコのお話。
語り手は、そのネコの住む家の前に住んでいます。

ある日、ネコは家にやって来て、
いろいろな物が欲しいとおねだりします。
靴を欲しがったり…。ネクタイを欲しがったり…。
ジャケットやシャツを欲しがったり…。
何に使うのかと思いながらも、
言われた通りに靴やシャツやジャケットをネコにあげます。

ネコはいろいろなところに出没します。
そして、人間のことをよく観察したりしています。
ネコはその他にも、いろいろなところから物を貰っているようです。

そんなある日、ネコの飼っているお宅が引っ越しをしてしまいます。
夏祭りも過ぎ、月日は流れた頃、
向かいの家に誰かが引っ越しをして来ました。

そして、引っ越して来た人が、
サケの頭を持って、ご挨拶に来てくれます。

「でんしゃで かよう ビジネスマンです。
 これからも、いろいろ おせわになりますが、 よろしく」

「これからもって…」
その雰囲気は…。どことなく…。
誰かに似ています。


高畠 那生さんの描くネコは、
絵本によくあるカワイイ*ネコの絵といったものとは違って、
ちょっと独特の雰囲気を醸し出したネコ君です。
タイトルせいなのでしょうか?
上の6歳の娘は、このネコを怖い…と言います。
確かに「ねこだまし」っていうタイトルは怪談ばなしのタイトルみたいですよね。
でも、もうすぐ2歳の娘はこの本が大好き☆
ニャンニャン♪ニャンニャン♪と、言ってネコを指差して喜んでいます。
下の娘の大のお気に入りなので、
ここ最近は、毎晩この絵本を読み聞かせています。

お話も絵もとてもシュールで、
面白い絵本ですよ。

うちの子は、2歳になる前に読み聞かせました。





スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。