絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.78

オレ・ダレ (講談社の創作絵本)オレ・ダレ (講談社の創作絵本)
(2002/12)
越野 民雄

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、越野 民雄さん・文 高畠 純さん・絵の

オレ・ダレ」になります。

まずは、作者紹介☆

越野 民雄さんは、1948年東京生まれ。慶応義塾大学卒業。
広告代理店のコピーライターとして、TV、新聞等の制作に携わりながら、
文筆家として活躍。
主な作品に「オー・スッパ 」「ぼく いぬ
名探偵モンスターパパの日曜日」「続・名探偵モンスターパパの日曜日
ワン (幼児図書ピース)」などがあります。

高畠 純さんは、1948年愛知県名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。
東海女子大学教授かたわら、
絵本作家、イラストレーターとしても活躍されています。
主な作品に「ピースランド」「だじゃれすいぞくかん」に「だじゃれどうぶつえん
ペンギンたんけんたい (どうわがいっぱい)
だれのじてんしゃ」で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞。
オー・スッパ」で、日本絵本賞を受賞をされています。



さて、今日のお話は、たくさんの動物たち。
タイトルにもあるように、
「オレ・ダレだ」と子供も参加型の絵本です。

夜空にはキラキラ輝く月と星。
月明かり中に浮かぶシルエット。
そして、なぞなぞ形式で動物たちは自分の特徴を子供達に問いかけます。

「オレ、せが たかい。すごく とおくが みえる。
 でも、あしが とっても ほそい。だから きを つけないと、
 つまずいたら ヤじゃない。オレ、ダレだ。」

草原の中で、高い場所にある木の葉を食んでいるシルエットを見て、
子供は「キリン!」と元気によろこんで答えてくれます。

青い夜空。
黄色い月と星。
白い牙やいくつも見える白い目。
黒い動物たちのシルエットと草木。

単純色しか使ってないけれど、
それだけで、十分に動物たちが見えて来ます。

また、同じく黒でも、微妙に濃い黒と淡い黒で使い分けていて、
動物たちの柄や、皺などの特徴がよく表現されています。
そんな、黒での表現が、こんなにも動物達の存在感を写し出す物なんだ…と、
いままでと、ちょっと違った角度で動物を見る事ができたのが、
とても面白かったです。

動物になりきって、「オレは、ダレ」「ワタシは、ダレ」と、
ちょっと大袈裟に読むと、
子供達は、とっても喜んでくれて、
なぞなぞの答えを、かなり盛り上がって答えてくれます。

うちの子は、1歳になってから読み聴かせました。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

はじめまして 

ブログにお越しいただきましてありがとうございます☆
素敵なブログですね!紹介されている絵本、たくさん読みたくなりました。リンクさせてくださいね。

YOKO | URL | 2009年06月29日(Mon)22:09 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。