絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵本☆イベント no.7

もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)もこ もこもこ (ぽっぽライブラリ―みるみる絵本)
(1995/02)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本イベントは、
新潟市にある新津美術館で開催されている、

もーやん えっちゃん ええほんのえ」です。

       原画約300点(元永約210点,中辻約90点)
 
開催期間   5月30日(土曜日)~7月5日(日曜日)まで

       10:00~17:00(入場16:30 まで)
       月曜休館

会場     新潟市新津美術館

観 覧 料    一般     700 円
       大学・高校生 500 円
       中学生以下     無料

       20枚以上一括購入20%引
       障がい者手帳・療育手帳をお持ちの方は観覧無料
      (受付でご提示ください)

アクセス   〒956-0846
       新潟市秋葉区蒲ヶ沢 花と遺跡のふるさと公園内 
       ?0250-25-1300
       アクセス方法はこちらからチェックしてみてください。




「もーやん」こと元永定正さん(1922~)と、
「えっちゃん」こと中辻悦子さん(1937~)は、
ともに現代美術の第一線で活躍したご夫婦でいらっしゃいます。

お二人は30年にわたり絵本制作にも意欲的に取り組んできました。
 
もともとは前衛集団「具体美術協会」のメンバーでもあった元永さんの代表作品には、

もこもこもこ (ぽっぽライブラリ みるみる絵本)』(文・谷川俊太郎/1977),
もけら もけら (日本傑作絵本シリーズ)
(文・山下洋輔,イラスト・元永定正、構成・中辻悦子/1990)

などの斬新な作品によって絵本界に新風を巻き起こしました。

作者いわく「へんな絵」と言葉のリズム感に満ちたこれらの絵本は,
世代を超えて広く親しまれています。

中辻さんは,グラフィックデザイナーを経て,
1960年代から本格的に創作を開始。
主な作品として『いろいろしかく』(1988)や
まる まる』(1998)
よるのようちえん (日本傑作絵本シリーズ)』(文・谷川俊太郎/1998)では,

この作品は第17回ブラティスラヴァ世界絵本原画展(1999)で、
グランプリを獲得されています。
 

「もこ もこもこ」は、
小さな子供から大きな大人まで楽しんでいただける楽しい絵本ですよね。
絵本を紹介する雑誌や本などでも、
必ずと言っていいほど、掲載されている作品です。

そんな「あ!見た事がある!」という感動を子供に感じてもらいたいですよね。

ちょうど、夏休みになるので、我が家も足を運んでみたいな…。
と、思ってます。

お近くの方は、足を運んでみるのはいかがでしょうか?




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。