絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.75

ぽぱーぺ ぽぴぱっぷぽぱーぺ ぽぴぱっぷ
(2004/10)
谷川 俊太郎

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、
おかざき けんじろうさん・絵 谷川 俊太郎さん・文の

ぽぱーぺ ぽぴぱっぷ」になります。

まずは、作者紹介。

絵を描かれている おかざき けんじろう(岡崎 乾二郎)さんは、
1955年東京生まれ。造形作家、批評家。
1982年パリ・ビエンナーレ招聘から国内外の展覧会に出品、個展を開催します。
2002年にはセゾン現代美術館にて個展。
同年「ヴェネツィア・ビエンナーレ第8回建築展」(日本館ディレクター)
現代舞踊家トリシャ・ブラウンとのコラボレーションなど、
つねに先鋭的な芸術活動を展開。

彫刻や絵画をはじめ、
建築、8ミリ映画、コンピューター・アート・ワークと、
多彩な表現活動を展開しています。

また、美術評論でも活躍し、
著書に「ルネサンス 経験の条件』などがあります。
絵本作品には、「れろれろくん」があります。

近畿大学国際人文科学研究所教授、副所長。

岡崎 乾二郎さんホームページ
http://kenjirookazaki.com/

文を書かれている、谷川 俊太郎さんは、
1931年12月15日東京都杉並区生まれ。
哲学者で法政大学学長の谷川徹三を父に持つ。
谷川俊太郎さんは本屋さんではよく見かけるお名前で、
とても有名な詩人さんですよね。

1948年17歳のころから詩を書き始め発表します。
1952年21歳の時に第一詩集「二十億光年の孤独 (愛蔵版詩集シリーズ)」を刊行。
以来、絵本、子どもの本。作詞、シナリオ、翻訳など、
幅広く活躍されています。
1962年には「月火水木金土日のうた」で第4回日本レコード大賞作詞賞受賞。
1965年からは絵本の世界に進出。
彼の詩は英語、フランス語、ドイツ語、スロバキア語、デンマーク語、
中国語、モンゴル語などに訳されており、世界中に読者を持っています。

詩集・子供の本に「みみをすます」「わたし (かがくのとも傑作集―わくわくにんげん)
ことばあそびうた (日本傑作絵本シリーズ)
翻訳に訳詩集「マザー・グースのうた 第1集 (1)
レオ・レオニの「スイミー―ちいさなかしこいさかなのはなし
スヌーピーでおなじみの「A peanuts book featuring Snoopy (1)
シリーズなどがあります。

余談ですが、なんと谷川さんは3度も結婚をされていて、
その元奥様が、岸田 衿子さんと、佐野洋子さん。
岸田 衿子さんは、以前
今日の絵本no.26 『なにたべてきたの?』」で紹介しています。
佐野洋子さんは、まだ紹介はしていないのですが、
有名な絵本を手がけていらっしゃって、
絵本を紹介する類いの本だったら、
絶対に載っている!と過言ではないほど、絵本好きなら一度は読んだ事があるはず。
そう「100万回生きたねこ 」の著者でいらっしゃいます。
とても深いお話で、
哲学と言うか…仏法とでもいいましょうか…。
子供向けと言うよりは、
大人向けの絵本の代表作でもあるかもしれませんね。

それにしても、こんな素敵な前妻がふたりもいるなんて…。
谷川俊太郎さんって、素敵な方なんでしょうね。



さて、今日の絵本は「」行のみで構成されている、不思議な絵本。

ぱ・ぴ・ぷ・ぺ・ぽ

をいろいろな組み合わせによって、
世にも不思議な赤ちゃんが大好きなへと変換されます。
組み合わせは無限とでも言っていいくらい。

ぽぽぱぱぺっぴぱぽぴっぱ

意味は…(笑)
宇宙人の会話とでもいいましょうか…。
でも、不思議な事に小さな子供には「ぱ」行は特別に面白い音のようで、
うちの娘はかなり気に入ったご様子。

ページを捲るたびに、適当にメロディーをつけるのですが、
「ぱ」行は、うたのように唄いやすいのも、
この本ならではの良さでもあります。

谷川さんのおもしろ「ぱ]行に、
岡崎さんの絵は宇宙船にも見えるし、細胞にも見えるし…。
これは何々です…と実に表現しづらい絵が文章とがとても合っていて、
お互い、意味があるような無いような内容にもかかわらず、
不思議と読み手の想像をかき立てられるのは、
言葉のプロと、絵のプロのコラボならではではないのでしょうか。

ちなみに、
ぴぴぴー ぴぴーぷ ぷーぺー ぴぷぺぺぺ

と書かれたページは、ママのおっぱいに、
小さな子供を乗せた宇宙船が探索している様子がが描かれているのでは…。
と、思ったのはわたしだけでしょうかねぇ?

うちの子は、1歳になってから読み聞かせましたが、
0歳からでも、絵も綺麗ですし十分楽しめると思います。












スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。