絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.70

ぶた すきなこといろいろぶた すきなこといろいろ
(2008/08)
ユリア ヴォリ

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ユリア ヴォリさんの

ぶた すきなこといろいろ」になります。

ユリア ヴォリさんは、1968年2月16日フィンランド・ヘルシンキ生まれ。
父は絵本作家のペッカ・ヴォリさん。
彼女は、ヘルシンキ美術工芸大学で美術を学んだのち、
絵描きのネズミを主人公にした「EERO」でデビューされます。

代表作『ぶた』(Sika)は、
フィンランドの日刊紙 ヘルシンキ・サノマットで掲載されたものです。

『ぶた』(Sika)公式サイトはこちらからどうぞ。

1996年IBBY(国際児童図書評議会)オナーリスト優秀賞を受賞。
1999年フィンランドのルドルフ・コイヴ賞を受賞。
2001年ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞を受賞など多数受賞されています。

2008年には日本の各地でユリア・ヴォリさんの絵本原画展が
開催せれていたようです。
日本でも人気の作家さんです。

現在は、ご主人と3人の男の子といっしょにヘルシンキ在住。


さて、今回のおはなしの主人公は、愛くるしい顔のブタさんと仲間たち
おはなしは、みんなのすきなことを教えてくれます。

ぶたが すきなことは えを かくこと

絵の具だらけのエプロンをしたぶたが、
イーゼルにキャンバスに向かって筆を取っています。

スルは しょくぶつの おせわ

黒ぶたのスルが、
たくさんの鉢植えの植物に水をあげている姿がカワイらしい。

あなぐまは バレエに むちゅう

ふわふわのピンクのチュチュを着て、
ポーズをとっている姿も、これまたカワイですよ。

他にもペンギンやうしのすきなことも教えてもらえます。

みんな、すきなことをしている姿がとっても楽しそうです。
ユリア ヴォリさんが描く動物たちは、
目の動きで、よく感情を表現されていて、
楽しんでいたり、真剣だったり。
時には、得意気だったりするのがよく伝わってきます。

うちの子は、1歳になってから読み聞かせました。


スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。