絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.68

ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本)ラチとらいおん (世界傑作絵本シリーズ―ハンガリーの絵本)
(1965/07)
マレーク・ベロニカとくなが やすもと

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、マレーク・ベロニカさん・作

ラチとらいおん」になります。

真っ黒な表紙にカワイイ☆イラストがとても印象的な絵本ですよね。
こちら、ハンガリーの絵本で、初版は1961年になります。

作者のマレーク・ベロニカさんは、1937年ハンガリー、ブダペスト生まれ。
作家でありイラストレーターでもあります。
Elte BTK ハンガリー文学部卒業後、人形劇団で活躍。
1963年以降はフリーとして、雑誌のイラストを手がけたり、
ラジオやテレビ、人形劇、アニメの脚本を手がけます。
1983年にハンガリー青年賞受賞されています。
日本では「ラチとらいおん」の他、
ボリボンとアンニパンニ」シリーズ
キップコップ」シリーズ等があります

マレーク・ベロニカさん公式サイト☆はこちらになります。

さて、今日のお話の主人公は、「ラチ」という名前のおとこのこです。

ラチは せかいじゅうで いちばん よわむしでした。

飛行士になりたいけれど、よわむしの飛行士はいるでしょうか…。
犬を見ると、怖くて逃げ出します。
暗い部屋は怖くて入れません。

おまけに、ともだちさえ こわいのです。

どうやら…。
ラチは重傷のよわむしのようです。

ラチは仲間はずれにされて、いつも泣いていて、
一日中 絵本ばかりよんでいました。

その中で、ラチがとても好きな絵がありました。
それは、とても勇ましい姿をしたらいおんの絵です。
ラチは思います。

ぼくに、こんな らいおんがいたら、
 なんにも こわくないんだけどなあ
」と。

すると、ある日のあさ、ラチのもとに
ちいさくて あかい らいおん」が現れます。
思いがかなったのです。

けれど、ラチはちいさならいおんじゃ
なんのやくにもたたないと言って笑います。
そこで、らいおんはじぶんがどんなに強いかをラチにアピールし、

どうだ、ぼくは つよい らいおんだろう。
 きみも つよくないりたいのなら、
 ぼくが つよくしてやるよ


と、言ってくれます。

そこで、らいおんがまずはじめにラチに教えたことが…。
なんと、「いち にっ さん!」と、体操でした(笑)
何事も基礎が大切と言う事ですね。

ある日、ラチは散歩のとちゅうで、
犬を怖がっている女の子を助けます。

クレヨンを取りに行く為に、
まっくらな部屋にとりに行く事ができます。

そして、いたずらっ子にボールを取られて悲しんでいる友だちのボールを、
ラチは勇敢に取り返してきます。

すべて、らいおんがそばにいるとおもえば、
ラチはつよくなることができました。

ところが、ボールを取り返して大喜びしているともだちのかたわらで、
らいおんにお礼を言おうと思ってポケットに手を突っ込むと…。

そこには、いたはずのらいおんの変わりに真っ赤なりんごが…。

ラチはらいおんがいなくてもつよくなれたのです!

なんて、素晴らしい事なのでしょう。
私はこの絵本で、改めて子供はの中の無限のちからを感じました。
このラチのように、
安心して、大丈夫。いつもそばにいるからね
そんなおまじないが、その子をつよく勇敢にさせてくれるのですね。

母親として、娘達にその自信を持たせてあげたいな…。
らいおんのように。強くて包容力のある、
そんな優しさと強さを兼ね備えた姿を、
子供にちゃんと見せてあげられる親になれたら…。
難しそうだけど…。大切なことなんだよな…。
などと、しんみりと思ったりしてしまいした。

うちの娘は5歳になって読みました。
内容的には、3歳くらいから読み聞かせをしてあげると良いかと思います。




スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

こんにちは、サーラ*モネットさん。
ハンガリーの絵本ということで、
私も存在は気になっていた絵本です。

可愛いイラストでマレークさんの絵本は、日本でも人気ですね。
勇気を子どもに教えること・・・なかなか難しいことですが、絵本からも学ぶことはできます。
でも親が見せてあげるのが、一番いいお手本ですね。

素敵な読み聞かせを楽しませてもらいました。
息子にも読んであげたいです。
原文の絵本を、こちらで探してみます。

tulipan | URL | 2009年01月18日(Sun)14:56 [EDIT]


こんばんは。tulipanさん☆

ハンガリーの絵本では、この作品は有名ですよね。
わたしも、表紙でけはずっと知っていたのですが、
読み聞かせてみると、
とても可愛いイラストと、リズムの良い文章に、
マレークさんにすっかりはまってしまいました。

原文の絵本に、早く会えるといいですね☆



サーラ*モネット | URL | 2009年01月20日(Tue)22:18 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。