絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.63

輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年
(1999/11)
ターシャ テューダー

商品詳細を見る




今日ご紹介する絵本は、ターシャ テューダーさんの、
『輝きの季節』
―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年


になります。

ターシャ・テューダーさんは、
1915年8月28日 マサチューセッツ州ボストン生まれ。
子供時代は、主にコネチカット州で過ごします。

名家のご出身で、父ウィリアムスはヨットや飛行機の設計技師.
母のロザモンドは肖像画家をしていました。

1938年23歳で結婚し4人の子供に恵まれます。
1961年46歳で離婚。

1938年23歳のときに絵本作家としてデビュー以来、80冊以上の本を出版。

デビュー作「Pumpkin Moonshine」(パンプキン・ムーンシャイン)

1945年「Mother Goose」でコールデコット賞の次点作(オナー賞)を受賞。
1957年「1 Is One」で同じくコールデコット賞の次点作(オナー賞)を受賞。

この絵本でも出てくる、コーギー犬が大活躍する絵本「コーギービル」シリーズが
彼女の代表作でもあります。

スローライフの先駆者で、自給自足の暮らしを心がけ、
1972年57歳の時に、
現在ニューイングランドのバーモント州南部の小さな町はずれマールボロに移住。

19世紀頃の開拓時代スタイルのスローライフな生活を営でいました。

2008年6月18日に自宅で家族、友人に囲まれて逝去、92歳でした。


さて、今日ご紹介する絵本は、
ターシャーの孫のママが小さかったころのお話となります。

ねぇ、おばあちゃま、ママが
 わたしくらいだったときのことを話して。


と、孫にせがまれ、ストーリーは始まります。

1月。

1月が運んでくるもの、それは雪
あしも指もまっかっか


--マザーグース

一年の最後の日には、大きなたき火をし囲んで輪になっておどってね、
大きな声で叫ぶの。「あけましておめでとう!」ってね。

と、話は続き、

それから新年のパーティー。ごちそうは。

と、大きなテーブルでたくさんの家族が食事をしているシーンが描かれ…。

ローストビーフと、その肉汁で焼いたプディング。

と、子供達と一緒にターシャ本人なのでしょうか?
山盛りのポテトでしょうかね、運んでいる男の子。
何枚も重ねられたお皿を運んでいる女の子。
大きなお皿に大きなローストビーフを運んでいる母親が描かれています。
イングランドでは、ローストビーフはごちそうですよね。
知人宅でそれと一緒にマッシュポテトをご馳走していただいたことがあるがのですが、
ターシャのお宅でも、やっぱり
ローストビーフとポテトはご馳走だったのでしょうね。

4月。

4月の雨は
5月の花を運んでくる

--マザーグース

イースターの卵に色をぬったり、
色紙を貼るのもたのしかったわ。


と、子供達と一緒に、
卵に色を塗ったりしているシーンが描かれています。
そして、作った卵を吊るしてあるイースターの木を囲んで、
子供達がパーティーを開いている様子が描かれています。
その周りには、春を知らせる花たちが、
飾られていて、春到来の喜びが伝わってきます。

と、こんな感じで、1月。2月。3月…10月。11月。12月までの、
始めに月にちなんだ童歌や詩などが載せられて、
それが、なんだかその月の出来事とうまく調和して、
その後に続く、語り口調の物語がぐ~んと、盛り上がりをみせます。

毎月、いろいろな行事でお祝いやパーティーがあります。
移り行く季節の中での暮らしがなんだかとても楽しそうで、
子供達生き生きと描かれているのがとても印象的です。

また、ページごとに描かれている繊細な水彩がとても美しく、
その月にちなんだであろうとても細かく丁寧に描かれたお花の飾り枠
描かれているお花は、ニューイングランドの草花なのだそうです。

すべては、実際にターシャのお宅で行われていた行事で、
生前は、これらの行事をずーっと守っていたそうです。
ターシャの人生の楽しみ方のようなものが伺えますね。

私も、ターシャのように自分のライフスタイルを楽しむことが出来れば、
子供達にもっと人生の楽しさを教える事が出来る母親になれるのでは…。
などと、ちょっと理想の母親像などを考えさせられました。

また、彼女のライフスタイルや、ガーデニングスタイルは有名で、
絵本以外にも、数々の写真集などが出ています。
こちらも、鑑賞していただければ、
この絵本の良さが、もっと伝わってくるのではないかと思います。

うちの子は、6歳になるころに読み聞かせました。












スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

コミュからきました

(´∀`*)絵本大好き(´∀`*)のコミュニティからきました。
初めて見せていただいたところが、ターシャテューダさんの絵本のこと。
最近、彼女の本を読んで感動していたところです。
「輝きの季節」か「アドベントカレンダー」を購入しようと思っていたのですが、ますます迷ってしまいました。
突然のコメント失礼します。

まーやん | URL | 2008年11月17日(Mon)21:30 [EDIT]


はじめまして、まーやんさん☆

(´∀`*)絵本大好き(´∀`*)のコミュニティから遊びに来てくれたのですね。
ありがとうございます。
突然のコメントは大歓迎です☆

わたしは、まだターシャテューダさんの絵本しか、
ちゃんと読んだ事がないのですが、
彼女のことを調べているうちに、
私の知っていた、スローライフでガーデニングの長けている方…
そんな印象が一変して、
とても興味が出て来ていて、
彼女についての本も読んでみたいと思っていました。

「輝きの季節」か「アドベントカレンダー」をご購入をお考えで…。
どちらも捨てがたいですよね…。

また、ターシャテューダさんの絵本を紹介しますね☆

サーラ*モネット | URL | 2008年11月17日(Mon)22:21 [EDIT]


 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。