絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.58

エマとピーターエマとピーター
(2006/10)
グニラ ヴォルデ

商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、前回に引き続き、グニラ ヴォルデさんの

エマとピーター」になります。

こちらの作品と前回ご紹介した「エマのしごと」は、
2006年に2冊1組で「エマのしごととともだち」という名前で復刻されました。

さて今回の絵本は、主人公「エマ」と、そのともだち「ピーター」のおはなし。
エマとピーターは同じ歳です。
でも、色々な違いがたくさんあります。

住んでいる家がピーターが一軒家
エマはマンションに住んでいたり。

家族構成が違っていたり。

ピーターの犬のことやエマの弟のことを、
お互いに自分にもいたらな…など思ってみたり…。

サンドイッチの食べる順序が違っていたり…。
などなど、確かに違いがたくさんあります。

こんな風にふたりは、同じ歳なのに、
いろいろな事が違っていることを強調して描かれています。
この絵本は、けっして人と同じでなくても良いんだよ
と、やさしく教えてくれているようです。
そして、ストーリーの途中では、

エマのかぞくは、
おとうさん、おかあさん、そしておとうとがいます


やさしそうなおかあさんと、髭の生えたおとうさんが、
弟を抱っこしている挿絵があります。
そして…。

ピーターには、おとうさんがいません。
でも。いつもうちにいてくれる やさしいおばあちゃんがいます。
ピーターのおかあさんは、しごとをもっていて、
はたらいています。


挿絵ではキャリアウーマン的なおかあさんと、
やさしくピーターに手をかけるおばあちゃん。
そして、犬も飼っているようです。

スウェーデンという文化の違いなのでしょうか?
絵本に片親であることをストレートに語る語り口。
グニラ ヴォルデさんの凄いところなのかもしれませんね。

親として、日本人としてなのでしょうか…。
私にとって、ちょっと衝撃的な流れの絵本でした。
幼少期だからこそ、色々なひとそれぞれの違いを、
ストレートに教える方がいいんだなぁ~。
と、勉強させられました。

うちの子は、3歳になってから読み聞かせました。






スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。