絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.56

<span style=目をつむるのよ、ぼうや" border="0">目をつむるのよ、ぼうや
(2002/12)
ケイト バンクス

ゲオルグ ハレンスレーベン

商品詳細を見る



今日の絵本は、
ケイト バンクスさん・文 ゲオルグ ハレンスレーベン・絵の

目をつむるのよ、ぼうや」になります。

文を書いているケイト バンクスさんはアメリカ生まれ。
本好きな両親の影響をうけて、幼い頃からに絵本に親しまれたようです。
ボストン近郊のウェルズリー・カレッジを経て、コロンビア大学で歴史を学び、
卒業後は、ニューヨークの出版社に勤務。
その後、ヨーロッパ、ローマに移り住む。
8年間住んだローマでゲオルグ・ハレンスレーベンと出会い、
おつきさまはきっと」「Baboon」など多くの作品を生み出します。
現在は夫と2人の息子とともに南フランスで暮らしているそうです。

絵を描いているゲオルグ・ハレンスレーベンさんは、
1958年ドイツのヴッパタール生まれ。
幼いころから水彩画を手がけ、画家として活躍。
1977年に画家としてスイス・チューリッヒのギャラリーにて初の個展を開催。
以降、意欲的に個展を開催されてます。
大学卒業後はローマに住み、ケイト バンクスさんと出会い、
児童書の仕事をはじめます。
おつきさまはきっと」でホーンブック98年最優秀賞を受賞されます。
フランス・パリで装丁の仕事をする今のご夫人 アン・グットマンと出会い結婚。
以前にも紹介しました、「リサとガスパール」シリーズを出版します。
現在は、フランス・パリにアンと娘のサロメと一緒に3人で暮らしていいるそうです。

さて、今日ご紹介する絵本の主人公は、可愛いとらのぼうや
このぼういや。どうやらねむりたくないようです。

とらのかあさんが言います。

目をつむるのよ、ぼうや。もう、おやすみのじかんでしょ

けれど、とらのぼうやは、

目をつむったりしたら、空がみえなくなるもン
目をつむったりしたら、木だってみえなくなるもン
青いとりだってみえなくなるもン

と言って、目をつむろうとしません。
かあさんのとらは、そんなとらのぼうやの言う事を、
ひとつひとつ優しく受け答えをして、
ぼうやの頭の中のをやんわりと広げて行ってあげながら、
とらのぼうやを眠りへと誘います。

空が見えなくなるどころか…

それどころか、空のね、雲のあいだにうかんでて
 夜になったら、お月さまがだっこしてくださるかもよ


木が見えなくなるどころか…

見えなくなるどころか、木なんかいっぱいみえるわ。
 そこで かくれんぼもできるのよ。
 夜になるまで、たっぷりと……


青い鳥がみられなくなるどころか…

目をつむったらね、どんないろのとりだってみえるの。
 おまけに おまえもとべるかもよ……


どれも、とても愛情のこもった優しい言葉ですよね。

いつも、子供時間子供目線で夢の中に連れていってあげる余裕がなく、
ついつい子供の対して、
「もう遅いからねなさい!」と、現実的になってしまいがちなので、
この絵本を読んで、こんなやさしいかあさんになりたいものだと、
ちょっぴり日々のかあさん役の自分に反省しちゃいました。

うちの子は5歳になってから読み聞かせました。









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。