絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.53

きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)きんぎょが にげた (福音館の幼児絵本)
(2000)
五味 太郎

商品詳細を見る



今日のご紹介する絵本は、五味太郎さんの
きんぎょがにげた」です。

この作品、知らない人がいる?と思うぐらい、
本屋さんには必ずある絵本の一冊ですよね。
可愛いピンク色の金魚が、たまらなく可愛い。

作者、五味太郎さんは1945年東京生まれ。
桑沢デザイン研究所ID科を卒業。
工業デザイン、グラフィック・エディトリアルデザインなどのデザイナーを経て、
1973年5月初版「みち」で絵本作家としてデビュー。

出版された本はざっと400冊以上。
一言で400冊と言いますが…めちゃめちゃ膨大な作品数です。

エッセイなども書かれています。
かなり多才で、服飾デザインなどもされたことがあるようです。

軽快な語り口が癖になってしまい、私も何冊かエッセイを読ませていただきました。
中でも「絵本をつくる」はなかなか楽しかったです。
仕事場の写真なんかも載っているのですが、
とても、綺麗で整理整頓されたアトリエで、
コンクリート打ちっぱなしの壁に、
五味さんのメモが綺麗に並んで貼られていたりします。
几帳面さが伝わってくるアトリエです。

絵本作家のアトリエと言うよりも、
建築設計士やグラフィックデザイナーなんかが使っているような
大人の為に発想を繰り広げる場のような感じがしたのですが…。
ここで絵本が作られていると思うと、ちょっと面白い(笑)

五味さんはいつも黒のTシャツ姿(ピタっと系)のイメージが強いですねぇ。
仕事のできるおじさま☆的な風貌が素敵です!

さて、今日の絵本のあらすじですが…。

主人公とでも言うのでしょうか…?
いや…やっぱり主人公なのですよね。
ピンク色した「きんぎょ
このきんぎょが、本日の主人公。

このきんぎょ。
金魚鉢からぴょ~んと逃げちゃいます。
そして、いろいろなところに隠れてしまうのです。
おもちゃのなかや、へやのなか。
キャンディーボックスのなか…など、
ページを捲るたびに、いろいろなところに紛れ込んでいるきんぎょがいます。
そのきんぎょを

どこにいるかなぁ~?

と私が尋ねると、

ここ~!

と嬉しそうに娘が指差したものです。

何度やってもきんぎょの隠れ場所は同じなのに、
娘はまるで、はじめてこのきんぎょの隠れ場所を見つけたかのように、
何度も、何度も自信満々に答えてくれました。

その都度、親も娘の正解を大きく讃えて、

ピンポ~ン!」と何度もいったものです。

親として、読み甲斐のある一冊です。

うちの子は、0歳のころから読み聞かせていました。









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。