絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.43

あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)あかたろうの1.2.3の3.4.5 (おにのこあかたろうのほん 1)
(2000)
北山 葉子

商品詳細を見る



今日の絵本は、きたやま ようこさんの

あかたろうの1.2.3の3.4.5」です。


きたやま ようこ(北山 葉子)さんは、1949年、東京生まれ。
文化学院卒後、絵本作家に。

ゆうたくんちのいばりいぬ」シリーズで
1989年 第20回講談社出版文化賞絵本賞を受賞。
りっぱな犬になる方法」では
1993年 産経児童出版文化賞推薦作品として選ばれ、
じんぺいの絵日記」で
1994年 第16回度路傍の石幼少年文学賞など、作品が多数受賞をされています。

今回のお話の主人公は、おにの「あかたろう」くん。
あかたろうくんが外から帰ってくると、お家にはおかあさんがいません。
あれっ?」と思ったあかたろうくん。
家中おかあさんをさがしますが、どこにもいません…。

おかあさ~ん

ちょっと寂しくなったあかたろうくん。
でもすぐに、いいことを思いつきます。

「おばあちゃんのところかもしれないぞ!」
よし、ぼく ひとりで でんわをしちゃおう。

ここから、あかたろうのおかあさん探索がはじまります。

あかたろうくんはおばあちゃんのところに電話をします。
1.2.3の3.4.5…
「もしもし ぼく あかたろう」

やおやさんにも電話をします。
3.4.5の5.6.7…
「もしもし ぼく あかたろう」

さかなやさんにも電話をします。
5.6.7の7.8.9…
「もしもし ぼく あかたろう」

きのみやさんにも電話をします。
7.8.9の0.0.0…
「もしもし ぼく あかたろう」

最後にかえってきたおかあさんに、
買い物袋の中身をあててビックリさせます。

にんじん 1ぽん。
たまねぎ 2つ。
じゃがいも 3つ…。


この絵本は、でんわ番号や買い物した物の個数など数字が出てきます。
そこで、いつものように我が家ではクイズ形式のような読み聞かせが始まります。

わたしが「やおやの みどりおにさんの ばんごうは…」と言うと、
娘が「3.4.5.の5.6.7」と答えてくれます。

また、買い物袋の中身のシーンでは、
わたしが「にんじん」と言うと、娘が「1ぽん!」と答えます。
わたしが「たまねぎ」と言うと、娘が「2つ!」と答えてくれます。

字を読めないなかった娘は、この数字をすべて暗記していたようです。

こんな感じて、一緒に絵本を読むと、
子供も楽しいようで、読み聞かせをする回数が増えます。

初版は1977年で、絵が昭和を思い出させる家のなかの家具などが、
とても懐かしです。
表紙にある電話機。
見た事のない子が多いでしょうね(笑)

うちの子は、2歳頃からよく読み聞かせしていました。











スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。