絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.33

ばしん!ばん!どかん!ばしん!ばん!どかん!
(2004/10)
ピーター スピア

商品詳細を見る



今日の絵本は、ピーター スピアさんの

ばしん!ばん!どかん!」になります。

ピーター・スピアさんは、1927年オランダのアムステルダム生まれ。
1952年にアメリカへ渡りニューヨークでイラストの仕事を始めます。
なんと、100冊以上の絵本のイラストの作品を世に送り出しています。
「ノアのはこ船」では、1978年コールデコット賞を受賞しています。

この絵本のストーリーは、とってもユニークで、
挿絵に音喩(擬音)で音を表現するだけの絵本になりますが、
これが、不思議な世界に引き込まれます。

表紙の英国軍楽隊風のページでは、
大太鼓が「どん どん どん」
小太鼓が「たららん たららん たららん」
シンバルが「じゃあん」
風にはためく旗が「ぱた ぱた」
軍楽隊の足下からは「どす どす どす どす どす どす どす …」

絵と音喩のみでも、臨場感が伝わってくるのが、とても不思議です。

他にも、ケトルが「ぴいいいいいいいいい」
ミキサーが「ういいいいいいいいいいいいいいい」
機関車が「しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ」
プロペラ機が「ぶるる ぶる ぶる ぶるるるるるるるるるるるるる」

全40ページにわたって、膨大な量の音喩での世界が繰り広げられています。
我が家の毎日の儀式。寝る前の読み聞かせの時間に読むと、
ほとんど最後まで読み終わる前に寝てしまうほど、
たくさんの音喩が出てきます。

どの部分を読んでいるのかが分かりづらいので、
指で示しながら読んでいますが、
本人は分かっているかどうかちょっと疑問ですが、
子供は音喩が大好きなので、とても楽しんで見ています。

言葉の世界を超えた、本当にユニークな作品です。

うちの子は、1歳くらいから読み聞かせています。






フレンチベビー服 DPAM(ディーパム)ストアオープン



Agronatura





スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。