絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本

もりのなかもりのなか
(1963/12)
マリー・ホール・エッツ、まさき るりこ 他

商品詳細を見る



今日の絵本は、マリー・ホール・エッツさんの、

「もりのなか」です。

この絵本の絵は、すべて木炭か黒いチョークかパステルなどで描かれたと思われる、
黒一色の珍しい絵本です。
(いろいろ推測してみました…でも、違っていたらごめんなさい!エッツさん)

子供の絵本と言えば、カラフルな物が多いので、
子供の反応はどうかな?と思ったけれど、
内容が面白いので、子供にはカラフルな色でなくても大丈夫なようでした。


主人公の「ぼく」らっぱを持って森に入ると、
ライオンやぞうなんかの動物達が、らっぱの音に惹かれて「ぼく」に着いて行きます。
子供にしか見えない世界を彷彿させるラストシーンが、
わたしは大好きです。

うちの子は、2歳くらいから読み聞かせていました。









スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。