絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.99


おふろおふろ
(2007/03)
出久根 育

商品詳細を見る


☆あらすじ☆

主人公のぼく。
お風呂に入る前から、何か嫌な予感?
ひとりでお風呂にはいるのって、どきどきしている。

え?

お風呂に入ると
「こんばんは、おまちしていました」
と、赤いネクタイで赤のシマシマのキャップを被った男の人が
お風呂に入って待っていました。

何やら資料を見ながら男の人は言います。
「あなたの よていは40ぷんです」と…
そう言って男はお風呂の中に沈んで行ってしまいます。

それは、これからぼくがお風呂の中でのびっくり体験の序曲だったのです。

それからぼくは、お風呂ジャングルを体験したり、
見知らぬ探検家に捕まってみたり、
のっぺりがおの真っ白な奴に助けられたりと、
つぎつぎに起こる、不思議なことの渦に巻き込まれて行きます。

スピード感満載のお風呂での摩訶不思議なおなはしです。

☆作者紹介☆

作・絵 出久根 育 (でくね いく)・挿絵画家、銅版画家

1969年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部版画卒業。
1996年「おふろ」でデビュー。
1998年グリム童話をテーマにしたエッチング作品でボローニャ国際絵本原画展入選。
2003年「あめふらし」で第19回BIB(ブラティスラヴァ世界絵本原画展)グランプリ受賞。
2006年「マーシャと白い鳥」で第11回日本絵本大賞受賞。

2002年よりチェコプラハ在住

主な絵本作品に「はるさんがきた」「ペンキや」「ワニ
挿絵・挿画作品に「穴 HOLES (ユースセレクション)」「わたしたちの帽子
おかしな兄弟たち (グリム・コレクション (3))」など多数。

HP プラハのお散歩便り 出久根 育さんの日常が綴られています☆

☆☆☆☆

3歳の娘が図書館の棚からひょいっと引き抜いた一冊の絵本
ママ!これかりて!
差し出された絵本の表紙をみて、ふたりとも顔を合わせてにんまり。
表紙を見ただけで、面白そうなのがわかるようになってきた娘の成長に感激。

お風呂のなかの絵本は、
狭い一室での話なのに、想像力をかき立てられるので面白い。
しかも、この絵本は、広がりかたのスケールが大きい(笑)思わず…

「マジ?」

そんな言葉が出て来そうな展開がどんどん広がっていきます。
しかも、スピード感があるのも面白さを一層引き立てていきます。

出久根 育さんの絵も面白く、
主人公のぼくがお風呂に入る前のシーンで、
お風呂でなにかが起こりそう…
そんな緊張感が、お風呂場の扉までの距離感、妙に小綺麗な脱衣所から伝わってきます。

お風呂に入ると、
赤のシマシマの帽子(水泳帽?)ゴーグル?をかけ赤いネクタイにスーツ姿…
といった不思議な出で立ちの男が待っていたり、
展開がちょっとシュールで面白い。

しかも、ひとつの展開が終わっても、
次に第二話的にお話が続くのも魅力的です。

子ども達は、こういう奇想天外なおはなしが大好きなので、
我が家では何度も図書館から借りています。

勝手に男の作家さんっぽい絵本だぁ~と思っていたのですが、
調べてみたら、女性だったようで…。
女性でもこんな楽しい妄想ができるんだ…と感心しちゃいました☆

我が家では3歳ごろに読み聞かせました。





































スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。