絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.88

パパが宇宙をみせてくれたパパが宇宙をみせてくれた
(2000/10)
ウルフ スタルク
エヴァ エリクソン
商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、ウルフ スタルク・文 エヴァ エリクソン・絵 

パパが宇宙をみせてくれた」になります。


☆ 作者紹介 ☆

文を書かれている ウルフ スタルクさんは、
1944年7月12日 スウェーデン・ストックホルム生まれ。
スウェーデンを代表する児童文学作家であります。
その他にも、映画、テレビ、劇場などのも執筆されています。

1988年に絵本ぼくはジャガーだ」でニルス・ホルゲション受賞。
1993年に意欲的な作家活動に対して贈られるアストリッド・リンドグレーン受賞。
1994年「おじいちゃんの口笛」でドイツ児童文学賞など、受賞作品多数。

主な作品に「シロクマたちのダンス」「パーシーの魔法の運動ぐつ
地獄の悪魔アスモデウス」などがあります。

イラストを描かれている エヴァ エリクソンさんは、
1949年スウェーデン生まれ。
スウェーデンの人気イラストレーター・絵本作家です。
国立美術学校でテキスタルと美術教員コースを学びます。

以前「おじいちゃんがおばけになったわけ」(今日の絵本 no.72)でも、
紹介させていただいているイラストレーターさんで、
日本の方には、この絵本のほうが馴染み深いかもしれませんね。

ママときかんぼぼうや 」のさし絵でエルサ・ベスコフ賞を受賞。
主な作品に、
おじいちゃんがおばけになったわけ」「みどりの谷のネズミしょうぼうたい
パパはジョニーっていうんだ
おばけやしきへようこそ!」「ももいろのおばけ
ちいさないえが ありました」「もーっ、ローサったら!」などがあります。

☆ あらすじ ☆

今日の主人公は「ウルフ」少年。
ウルフのパパは白衣を着た歯医者さん。
仕事場にいたウルフにパパが言った。

「ウルフ、いまから宇宙をみせにつれていってあげよう。
 おまえも、ずいぶんと大きくなったからね」と…。

「それって、どこにあるの?」とウルフが尋ねると、パパはこう答えます。

「ちょっと、遠くさ」と…。

宇宙のことをまるで知らないウルフは、
宇宙についてあれこれパパに尋ねながら、歩き出します。

門を出て、右に曲がったり左に曲がったり、
マーケットの前を通り、
かなもの屋さん。さかな屋さんの前を通り。
しばらく行くと、パパはウルフを抱っこして水路を飛び越え、
街頭の無い丘へと登り、

「ここなの?」と言うウルフが聞くと、
パパはこくりとうなずきます。

ウルフはここを知っていました。
そこは近所の人たちがよく犬の散歩をして、散歩している原っぱでした。

「みえるかい?」パパはウルフに聞きます。

ウルフは原っぱを目を凝らしてみて、
カタツムリとひょろながい草を一本、そしてアザミをみつけて、
「うん、パパみえるよ」とウルフがささやききます。
ウルフは思います。

とてもきれいだ!これが宇宙なんだ!と…。

でも、パパが本当にみせたかったのは、「上…上だよ!」

そう。ウルフは自分の周りばかり見ていて、
パパが見せたかった肝心な空(上)を見ていなかったのです(笑)
ウルフは上を見て、空いっぱいの星を見ます。
そして、パパが一生懸命に星座を説明をしていたけれど、
ウルフには星はどれも同じに見えます。
でも、パパをがっかりさせたくなかったので、
パパが語る星についてのあれこれを
「う、うん」と答えてあげます。

そんな冷静で、大人な部分がある子供ウルフは、
小さいながらも最後までパパを気遣ってあげるのですが…。
パパはおおいぬ座ならぬ、おおいぬの○○を踏んで、
お話は急展開!!(爆)


☆☆☆

わたしはスウェーデンに行ったことがないので、
スウェーデンの街並は知らないのですが…。
ヨーロッパの行ったころのある小さなまちなどを思い出させてくれる、
エヴァ エリクソンが描く石畳の町並みが、とっても好きです。

この絵本は、作者ウルフ スタルクの幼少の頃の思い出が
題材なのだそうです。
お洒落で、素敵なパパだったのでしょうね☆

パパはウルフに宇宙を見せてくれると言います。

けれど、壮大な宇宙とはかけ離れた、町中の日常を通り過ぎ、
ウルフの期待をよそに、既に知っている原っぱにに到着します。
そこで、パパが見せたかっ壮大な宇宙のパノラマがあったはずなのですが…。
ウルフには、ただの☆にしか見えない(笑)

パパはウルフに宇宙を見せてあげるんだ!と、
ちょっと特別な事をする緊迫感が絵から感じられるけれど、
大人から考えてみると、子供に教えているつもりでも….。
実は、子供が気を使って物わかりの良い子でいてくれたりしているんだった…。
と、自分の子供の頃の気持ちを思い出したりするのも面白いですよ。

パパにも是非読んで欲しい一冊。

うちの子は6歳読み聞かせましたが、
4歳くらいの子からなら、楽しんでもらえると思います。

☆ウルフ スタルク☆



☆エヴァ エリクソン☆

スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。