絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.87

ローザからキスをいっぱいローザからキスをいっぱい
(2000/09)
ペトラ・マザーズ

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ペトラ・マザーズ 作

ローザからキスをいっぱい」になります。

☆ 作者紹介 ☆

1945年Todtmoo ドイツの南西部に位置する、
スイスとフランスに接する国境地帯
黒い森」(Schwarzwald)地方に生まれる。

23歳の時にアメリカのオレゴン州に移住。
それから、たくさんの作品を描かれています。

1986年に「Maria Theresa」でエズラ・ジャック・キーツを受
また、「ぼくのお気にいり―バルビーニさんちのセオドアくんの話」など3冊が、
ニューヨークタイムズ選定・年間最優秀絵本絵画を受している。
主な作品に「ヴィクターとクリスタベル―そっと恋して
なにもかもタオルのおかげ (ロッティーとハービー)
あたらしいともだち (ロッティーとハービー)」などがあります。

オレゴン州アストリア郊外に夫とともに在住。


☆ あらすじ ☆

黒い森はしんとしていました。
クーゲルさんの運転するタクシーの後部座席で、
今日の主人公「ローザ」は、
都会の家を離れて、ムーキーおばさんの家に向かいます。

なぜなら、ローザのおかあさんは、
肺の中で「ひゅう ひゅう」という音嫌な音をたてる病気で、
山の上の特別な病院でゆっくりとやすまなければならないからです。

ローザがムーキーおばさんの家について、
ちょっときついけれど温かいベビーベットに寝かされ、
おんどりの鳴き声とともに目を覚まします。
部屋の向こうにでは、
長い髪のビンクのほっぺをした大きな女の子が寝ています。

ローザはお別れしたばかりのおかあさんのことを思うと、
ほっぺたから大粒の涙がこぼれました。

ローザが起きた事を知った、
ムーキーおばさんはピンクの寝間着をきて部屋にかけこんできて、
「おはよう、ようこそ」と歌うようにいうと、
ローザを抱き寄せてくれました。

そして、ローザは、長い髪のビンクのほっぺをした大きな女の子は、
ビルギットが6つで、ローザがまだ3つだったずうっと前に
会ったことがあることを思い出します。

それから、ローザの農場での生活がはじまります。

ローザは持ってきたスーツケースから荷物を取り出した時に、
家の匂いがして泣き出しそうになったりしながらも、
農場でいろいろな人たちに出会い、
牛やニワトリやアヒルと触れ合ったり。
時には、ブルーベリー摘みを手伝ったり。
ローザはおかあさんと離れても立派に農場の夏を過ごします。
おかあさんの手紙を配達してくれる、
郵便配達人のオットーさんとは
ローザはすぐに友だちになりました。

ローザは日曜日になるとおかあさんにその週におきたことを絵にかき手紙を書きます。
手紙にはキスをかならず一ついれます。
 
「これはエスキモーのキス」
「これはとりのキス」
「これはちょうちょのキス」

おかあさんは、ローザのたくさんのキスのお陰で、
ぐんぐん良くなってきていて、
ローザといっしょにクリスマスを迎える事ができるかもしれない。
と手紙の返事には書かれていました。

農村は夏も終わり、次第に寒くなります。
ある日、オットーさんがとっても素敵なお知らせと、
クリスマスアドベントカレンダーが入った大きな封筒をローザに届けてくれます。

ローザはおかあさんと離れて暮らしたひと夏で、
いろいろなことを学んだようです。
ローザはむかえに来てくれたクーゲルさんに教えてあげます。

「おじさんしっていた?
 ツバメは牛小屋に住んでいるのよ。 
 それからスズメバチはね、おどかさなきゃさしたりしないの。
 それにね、キスは病気だってなおすことができるんだから」


☆☆☆

この絵本の冒頭の部分で、とつぜん、悲しい母と子の別れ。
そして、夜遅くに着いた家では、
温かいものの、サイズの小さなベビーベットで寝かされるローザ。
そんな流れで、シンデレラではないけれど、
どこかダークな部分が多い絵本だったかな?
と、一瞬思ったものの、
おかあさんと離れて暮さなくてはいけなローザに、
田舎の農村での温かいひとたちとの触れ合いや、
動物のと触れ合い。
都会にはないゆったりとした時間の中で、
ローザはおかあさんの居ない時を埋めていきます。

おかあさんと繋がる唯一の手段が手紙です。
ローザは、ユニークなキスをたくさん入れてお母さんに届けます。
おかあさんは、そのキスを受け取り、
どんどん元気になっていきます。

まだ、学校には通っていないくらいの年齢のローザが、
ぐっと我慢をして、
おかあさんの病気が早く治りますようにと、
遠く離れた農村から、おかあさんを支えている健気さの中にある
深い愛情に満ちたたくさんのキス。
胸がキュンとしてしまいました。
(恋をしたわけではないですよ。切ない…と思っても胸がキュンとなるものですね(笑))

私だったら、同じ母親として、
こんな小さな子を残して、
自分の治療に専念しなければいけない状況になっること自体、
心配で心配で仕方がないだろうな…。
娘たちはどうだろう?
ローザのように立派に成長してくれるのかな?
などと、自分たちの家族の事に置き換えてみたりして、
親として、考えさせられる作品でした。

娘達には、時間の経過の感覚が薄いようで、
おかあさんとちょっとだけ離れたローザはローザで楽しんでいたので、
そんな素敵な部分が印象的だったようです。
私としては、夏休みからクリスマスまで…。
そんな長い時間、娘と離ればなれでいられるかな?
と、ちょっと心配になったりして(笑)
大人とは、時間に縛られているんだな…。
と、改めて思ったりもしました。

娘からのキスで病気が治ってしまうなんて…。
素敵なお話ですよ☆

わりと長めの絵本になります。
うちの子は、6歳の後半になってから読み聞かせました。



スポンサーサイト

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

 

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。