絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.95


くまごろうのだいぼうけんくまごろうのだいぼうけん
(2005/04)
ブライアン ワイルドスミス

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ブライアン・ワイルドスミス 作・絵

くまごろうのだいぼうけん」です。

☆あらすじ☆

土曜日の朝です。
気球にお腹の空いた男が二人乗っていました。
二人は食事を取る為に降りました。

二人が行ってしまうと、
一匹のくまがのそり、のそりと現れました。
くまは寝心地の良さそうな気球の籠に乗り込みました。
くまごろうは、たちまち夢の中。

くまごろうが目を覚ますと、
ビックリ仰天!
気球は空を飛んでいます。
くまごろうの冒険のはじまりです。

くまごろうは、これから仮装パレードをする町に降り立ちます.

「ブカブカドンドン ブカドンドン」

ほんもののくまのように仮装したように思われたくまごろう。

「ガルル~」

くまごろうは、とても素晴らしい仮装をしているように思われて、
テレビ局のインタビューと受けたり、バイクに乗ったり、
スタジムを走って、ヘリコプターに乗ってみたり。

「ガルル~!」

これしか言えないくまごろうは、
山の中では決して経験することが無い
人間界の冒険を一日で経験するというお話です。



☆作者紹介☆

作者・ブライアン・ワイルドスミスさんは、
1930年、イギリス・ヨークシャー州ペニストーン生まれる。

バーンズレイ美術学校、スレイド美術学校(ロンドン大学芸術学部)を卒業。
陸軍音楽学校での数学教師を経て画家となる。

1960年よりオックスフォード大学出版局と専属契約を交わし、
絵本を描き始める。
これまで80冊以上の絵本を出版されています。

1962年出版の『ワイルドスミスのABC』で、絵本界最高の
栄誉であるケイト・グリーナウェイ賞を受賞。
キーピングやバーニンガムと並んで英国絵本の黄金期を築いた一人である。

1994年には静岡・伊豆高原に
「ワイルドスミス絵本美術館」が開館される。

趣味は音楽とクリケットとテニス。
現在は南フランスのカステララスという村で制作に勤しむ毎日とのことです。

2010年生誕80年。

伊豆高原「ワイルドスミス絵本美術館

〒413-0235
静岡県伊豆市大室高原9-101
TEL 0557-51-7330

                          (絵本より抜粋)


☆☆☆☆

この絵本は、くまがバイクの後ろに乗っている表紙に惹かれて手に取った一冊。
中身を見ていろいろな画材を使って、
時にはハッキリと描き、時には水をたっぷり使ってインクを滲ませてみたり。
色使いもとても可愛く、
さすが60年代から描かれている作家さんの作品☆
最近の下手ウマな絵を描く作家さんとは違い、
絵の基礎はしっかり出来ていてるのだけれど、
力を抜いて自由に描かれたサイケなデザインがとてもカワイらしいです。
お花畑の中に置かれた気球の中に入って昼寝をするくまごろうのシーンは、
男の人が描いた?とは思えないほど、
とても愛らしく、胸がキュンとなるほど(笑)カワイイ☆です。

子どもはくまごろうが、
普通の人間のように、タクシーに乗ったり、バイクに乗ったり、
インタビューを受けたり。
そんなくまとは思えない行動ばかりするくまごろうが面白かったようです。

うちの子は5歳になってから読み聞かせました。


☆ブライアン・ワイルドスミス☆



スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。