絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.93


たからものたからもの
(2006/05)
ユリ シュルヴィッツ

商品詳細を見る

今日ご紹介する絵本は、ユリ・シュルヴィッツ・作

たからもの」です。

☆あらすじ☆

むかし、とても貧しいアイザックという男がいました。
アイザックは、貧しくてお腹をすかせたまま
床につくことも珍しくはありませんでした。

そんなある日、アイザックは夢を見ました。

「都へゆき、宮殿の 橋のしたで、たからものをさがしなさい」

はじめは気にもとめてはいませんでしたが、
同じ夢を何度か見て、

「もしかしたらほんとうかもしれない」

…そう思ったアイザックは、旅に出ます.

森を抜け、山を越え、やっと都に着きますが、
宮殿の橋には、何人もの衛兵が警固にあたっています。

アイザックはしいて宝物を探そうとはしませんが、
いつも橋のあたりを歩き回っていました。
そんなアイザックに衛兵の隊長が声をかけます。
アイザックがどうしてここにいるのかを知った隊長は、
アイザックに言います。

「なんて やつだ。ゆめを まにうけて くつを すりへらすとは!」

と、やさしく笑って言います。
そして、隊長が以前見た夢の話をしてくれるのです。

その夢の話を聞いたアイザックは、
はるばる来た道を戻ります。
そして、アイザックは隊長が見たと言う夢のお話の通りにします。
そこで見付けたものとは…。

「ちかくに あるものを みつけるためには、
 とおくまで たびを しなければならないこともある」


☆☆☆☆

作者・ユリ・シュルヴィッツさんは、
今日の絵本 no.83「よあけ」で以前紹介している作家さんで、
「よあけ」も同様、
絵がとても静かで…物語は詩のように流れ、
いつのまにか、ゆったりとした時間に吸い込まれてしまいます。

主人公、アイザックはとても貧しく、
時にはお腹を空かせたまま小さなベットで眠り、
とても不自由な筈なのに、
絵から見て取れるアイザクックの顔はいつもやさしく微笑んでいるよう。

夢のお告げを見ても、
何度も見なければ、自分には無用のものと思い気のも留めず、
お告げ通りに宮殿の橋まで行っても、
しいて無理に橋のしたに行こうとはしない。
そんな欲の無い感じが、
衛兵の隊長の微笑みに通じるものなのでしょうね。

アイザックは、貧しくはあったけれども、
心までは貧しくはなかったのですね。

純粋であり、信じると言うことを素直に出来ると言う事は、
時には強いパワーを生み出し、現実のものとなる。
そんなことを、静かに教えてくれる絵本でした。

「ちかくに あるものを みつけるためには、
 とおくまで たびを しなければならないこともある」

めちゃめちゃ深い言葉ではないですか…。
なんだか、自分の今までの人生をちょっと振り返って、
海外に行って帰って来た時に、
住んでいる自分の街の美しさを改めて発見した時の幸福感…とか。
そんなことを、あれこれ考えてしまいました。

うちの子は、2歳になってから読み聞かせましたが、
絵本としては、そんなに長くはないものなので、
小さな子供から読めると思います。
是非、大人にも読んで欲しい一冊です。

☆作者紹介☆

ユリ・シュルヴィッツ(Uri Shulevitz)さんは、
1935年2月27日ポーランドのワルシャワ生まれ。
4歳で第二次世界大戦をむかえ、家族でポーランドを脱出。
8年間各地を転々として、1947年にパリに移住。
その後、1949年にイスラエルに移転。
働きながら夜間高校に通った後、
教員養成機関で文学などを学ぶび、
テルアビブでアートを学びます。
死海の西側のキブツで生活をしたり、徴兵で兵役も経験。
1959年にブルックリン美術館美術学校で絵画を勉強しにニューヨークに移住。
ヘブライ語の子どもの本の出版社のイラストレーターとして活動中。

1963年にはじめての自作絵本ぼくとくまさん」を出版。
本作品「たからもの」は、1978年出版。
1980年コールデコット賞オナーブックに選ばれます。

様々な賞も受賞されて、
1969年「空とぶ船と世界一のばか」でコルデコット賞 を受賞。
1998年「ゆき」でシャーロットゾロトウ賞受賞  &
     ゴールデン・カイト受賞(絵本イラスト部門)
1999年「ゆき」でコルデコットオナーブック
2009年「おとうさんのちず」でコルデコットオナー。

多くの作品を描かれ、絵本作家として活躍されています。
現在はニューヨーク在住。





スポンサーサイト

今日の絵本 no.92

給食番長 (cub label)給食番長 (cub label)
(2007/06)
よしなが こうたく

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、よしながこうたく さん・作

給食番長 」です。

☆あらすじ☆

キーン コ~ン カーン コ~ン♪
わんぱく小学校の 給食の時間がはじまりました。

どかん!ばしゃん!
1年2組はいつも大騒ぎ。
入学以来一度も給食をちゃんと食べていません。

「嫌いなものなんか 残しちまって、
 さっさと 遊びにいくぜ!」

そんな番長の言葉で、みんなは嫌いなものを残してしまいます。

怒った給食のおばちゃんたちは、
1年2組のクラスにのりこみますが、
番頭たちには効き目無し。

とうとう、給食のおばちゃんたちは、家出をしてしまいます。
給食が食べられないのは番長があんなことを言ったからだ!
と非難を受ける番長。
けれど、番長はそんなことでへこたれません。
なんと!番長は、給食を作ってしまうのです。
しかし…その出来は…見た目最高!味は…××!

凹みながら後片付けをして、
はじめて給食のおばちゃんたちの有り難さを知った番長は、
その後、見事な成長をとげます☆


☆☆☆☆

食育に感心が寄せられる今日。
子供がいる親としては、
食べ物の有り難さを感じてくれる食育の絵本は有り難い☆

この絵本は、
そんな飽食な日々をおくる現代人に、
スピード感溢れる絵で食べ物の大切さ。
そして、作ってくれる人への感謝☆
そんなことを教えてくれる大切な一冊です。

表紙でもあるように、
細部の(detail)ディテールにまでこだわっているイラストが最高に素敵です☆
イラストは、とにかくスピード感があり、
音が聞こえて来そうな絵本って、
なかなかないと思います。
番長が給食を作っているシーンでは、
番長の包丁さばきと、切られ飛んで行く野菜。
そして、それをみているにんじんの叫び…。
そんな、いろいろな音が聞こえて来そうな、
面白い絵本です。

この絵本は、我が家の下の子が大好きで、

毎晩、毎晩…。
幾日も、幾日も…。
何ヶ月も、何ヶ月も…。

読み続けている、我が家の不屈の名作となっております(笑)

彼女なりに、細部まで見ているようで、
登場人物を家族やトモダチに置き換えて、
このひとだれ?と聞くと、
ちゃんと同じ人の名前をあげてくれます。

ところどころに出てくる、
一風変わったうさぎだったり、
ひとつめニンジン。
そんな面白キャラを探すのも楽しいですよ☆

我が家では、食事をする前に、

「番長~お願いしますぅ!」と言うと、

2歳の娘がお手てを合わせて

「いただきますぅ~」と言ってくれます。

素晴らしい絵本です☆

うちの子は、2歳になってから読み聞かせました。


☆作者紹介☆

よしなが こうたくさんは、1979年12月31日大晦日福岡県生まれ。
九州産業大学デザイン科卒業。
18歳から作家活動をはじめ、現在、イラストレーターとして雑誌、TV、
CDジャケット、雑貨等あらゆる媒体にて国内外問わず活動中。
2007年2月より拠点を東京から福岡に戻しアーティスト3兄妹で
イラストレーション血族事務所「STUDIO Edomacho」を設立。
事務所と併設してアートカフェ「cafe Edomacho」も経営している。
はじめての絵本は『給食番長』

2010年3月には、NHKの教育番組「おはなしのくに」で、
「給食番長」をカンニング竹山さんが
素晴らしい演技でおはなしを語ってくれました。



                  (一部BOOK著者紹介情報より抜粋)


☆よしなが こうたく☆







絵本☆イベント no.8

リサとガスパールのであいリサとガスパールのであい
(2002/05)
アン グットマン

商品詳細を見る


ペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほんペネロペようちえんへいく ペネロペしかけえほん
(2004/08/24)
アン・グットマン

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本イベントは、松屋銀座8階大催場で行なわれる、

「リサとガスパール」日本語版刊行10周年記念 
リサとガスパール&ペネロペ展

☆開催期間☆    2010年3月17日(水)~29日(月)

☆会  場☆    東京都中央区銀座3-6-1 
          
          松屋銀座 8階大催場

☆時  間☆    10:00~20:00 (最終日は17時閉場)
          
          ※入場は閉場30分前まで

☆入場料 ☆    一般1,000円、高大生700円、中学生以下無料
          
          一般前売券700円、高大生前売券400円
          (チケットぴあ、ローソンチケットにて発売
 Pコード764-009/Lコード39990)

リサとガスパール&ペネロペ作品展(展示即売)


☆開催期間☆    2010年3月17日(水)~22日オ(祝・月)

☆開催場所☆    松屋銀座 7階遊びのギャラリー



フランス生まれの絵本の主人公。
「リサとガスパール」シリーズが日本でデビューして10年。
そのことを記念して、原画展が松屋銀座で開催されます。

最新作までの原画約150点を展観し、作品にあふれる優しく楽しい世界をご紹介。
会場には、会期中限定の「リサとガスパールカフェ」がオープン。
リサパン、ガスパールパンは一日限定100個で販売。
テイクアウトのラインナップも揃えているそうです。

会場でしか買えない限定グッズも販売。
リサとガスパールとペネロペの3人がいっしょの絵は見た事がないですが、
そんなレアなかわいいビジュアルをつかった限定販売。

また、松屋とブランドコラボの限定品も販売。

そして、ゲオルグ・ハレンスレーベンさんの原画書き下ろし作品約20点を展示販売。


☆☆☆☆

以前、里帰りしていた札幌で開催されていた
「リサとガスパール展」
に行ったことがあるのですよ☆

そこでは、ゲオルグ・ハレンスレーベンさんのアトリエが再現されていて、
そこで、彼が実際にアトリエで作業をしている姿が映像で流れていて、
リサとガスパールがただの人気絵本としてではなく、
アート作品として高く評価されるべき作品だと感じました。

なんと言っても、
ゲオルグ・ハレンスレーベンさんの、
筆のタッチがたまらなく美しいですよ☆
風景画家でもありますね。

奥様のアン・グットマンさんのフランス人らしい文体も魅力のひとつですよね。

子ども達に有名な作品ばかりの原画を見せてあげられる機会は、
なかなかないと思います。

お近くの方は、是非足を運んでくださいね☆

リサとガスパール 公式サイト 

ペネロペ 公式サイト


☆リサ&ガスパール☆



☆ペネロペ☆

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。