絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.71

ゆきどけゆきだるまゆきどけゆきだるま
(2004/11)
いなば たかゆき

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、いなば たかゆきさん

ゆきどけゆきだるま」です。

作者・いなば たかゆきさんは、1958年福岡県富士市に生まれ。
小さな頃から、ディズニー映画や日本の漫画映画に夢中。
いつしか高校生の頃には、絵本作家になられることを夢見ていたそうです。
1987年第三回ニッサン童話と絵本のグランプリ 絵本の部 佳作
「ターミのむらのぼうけん」
2004年碧天舎絵本コンクール大賞受賞「ゆきどけゆきだるま」
他、多数の受賞作品があります。

さて、今日のおはなしの主人公は「ゆきだるま」くん。
春がもうすぐそこまでやってきているのに、
ゆきだるまは目から涙を流して悲しそう。
動物たちはわけを訪ねます。

ぼく、もうすぐ きえちゃうんだ。
 ぼくも 足が ついていればなぁ。
 春なんかに おいつかれや しないのに


と、ゆきだるまくんが答えると、
やさしい動物たちは、ゆきだるまくんに足をつけてあげます。
足を持ったゆきだるまくんは、大喜び。
喜んで、みんなを乗せたそりを引き、
おいかけらる春から逃げます。

けれど、ひょんなことから転んでしまい、
ゆきだるまくんの表情がみるみる変わってしまい、
頭からは角が生えて、
怒った顔のゆきだるまくんへと変貌してしまいます。

やさしかったゆきだるまくんのが、怖い姿に変貌して行き、
雪山では巨大な怪獣のようになってしまって、
どう動物達は、みな逃げ惑います。

ゆきだるまくんは、自分の中の怒りを押さえることはできませんでしたが、
仲良かったみんなが自分を嫌い逃げてしまう事の、
寂しさからの怒りでもあったようです。

怒りとは、孤独感を感じさせる、とても怖い感情ですよね。

みんなに置いて行かれてしまった、ゆきだるまくんは、
大きくなったゆきだるまくんの体は、
太陽の力で、どんどん小さく小さくなって行き、
ゆきだるまくんの感情も、
雪が溶けて行くように、心のなかから怒りが消えます。

そう、ゆきだるまくんは反省したのです。

その事によって、ゆきだるまくんはもとのやさしいゆきだるまくんに戻り、
どうぶつたちと仲直りをします。

この絵本は、ゆきだるまくんの変貌を通して、
人の心の中にあるやさしい面と怖い面をよく表現していると思います。

そして、怒りでいっぱいのになった心も、
素直になって、こころのそこから反省することによって、
元のやさしい心を取り戻す事ができるんだよ。
と、ゆきだるまくんに教えられた気がします。

うちの子は、6歳になってから読み書かせました。


スポンサーサイト

今日の絵本 no.70

ぶた すきなこといろいろぶた すきなこといろいろ
(2008/08)
ユリア ヴォリ

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ユリア ヴォリさんの

ぶた すきなこといろいろ」になります。

ユリア ヴォリさんは、1968年2月16日フィンランド・ヘルシンキ生まれ。
父は絵本作家のペッカ・ヴォリさん。
彼女は、ヘルシンキ美術工芸大学で美術を学んだのち、
絵描きのネズミを主人公にした「EERO」でデビューされます。

代表作『ぶた』(Sika)は、
フィンランドの日刊紙 ヘルシンキ・サノマットで掲載されたものです。

『ぶた』(Sika)公式サイトはこちらからどうぞ。

1996年IBBY(国際児童図書評議会)オナーリスト優秀賞を受賞。
1999年フィンランドのルドルフ・コイヴ賞を受賞。
2001年ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞を受賞など多数受賞されています。

2008年には日本の各地でユリア・ヴォリさんの絵本原画展が
開催せれていたようです。
日本でも人気の作家さんです。

現在は、ご主人と3人の男の子といっしょにヘルシンキ在住。


さて、今回のおはなしの主人公は、愛くるしい顔のブタさんと仲間たち
おはなしは、みんなのすきなことを教えてくれます。

ぶたが すきなことは えを かくこと

絵の具だらけのエプロンをしたぶたが、
イーゼルにキャンバスに向かって筆を取っています。

スルは しょくぶつの おせわ

黒ぶたのスルが、
たくさんの鉢植えの植物に水をあげている姿がカワイらしい。

あなぐまは バレエに むちゅう

ふわふわのピンクのチュチュを着て、
ポーズをとっている姿も、これまたカワイですよ。

他にもペンギンやうしのすきなことも教えてもらえます。

みんな、すきなことをしている姿がとっても楽しそうです。
ユリア ヴォリさんが描く動物たちは、
目の動きで、よく感情を表現されていて、
楽しんでいたり、真剣だったり。
時には、得意気だったりするのがよく伝わってきます。

うちの子は、1歳になってから読み聞かせました。


絵本☆イベント no.4

はっぴぃさんはっぴぃさん
(2003/09)
荒井 良二

商品詳細を見る



本日ご紹介する絵本イベントは、
世田谷文学館で開催予定の、

進める 荒井良二の いろいろ展」です。

 2009年2月14日~3月29日

NHKの子供番組など見ていると、とても自由奔放な楽しい作品
スキマのの国ポルタ」をご存知の方も多いかと思われますが、
この、ポルタの生みの親「荒井良二」さんのイベントが、
東京で行われます。

荒井良二さんは1956年山形県生まれ。
日本大学芸術学部美術学科を卒業後、
1990年から絵本を作り始め、
1991年『ユックリとジョジョニ』で
    (エズラ・ジャック・キーツ賞)に日本代表として出展。
2005年スウェーデンの児童少年文学賞
   (アストリッド・リンドグレーン記念文学賞)を受賞されています。
その他多数の絵本賞を受賞しおられます。
日本を代表する絵本作家さんですね。
                         
進める荒井良二のいろいろ展

開催期間  2009年2月14日(土)~ 3月29日(日)

構成    第一部 「絵本の仕事」
      原画『ルフラン ルフラン』『きょうというひ
        『たいようオルガン』『<えほんのこども (講談社の創作絵本)
      絵本ラフ・書籍

      第二部 「創作環境」  
      アトリエに飾られた蒐集物
     (民具、玩具、置物、自作のオブジェなど)
      旅先で記したスケッチ帖

      第三部 「マガジンワークス」
      『Hanako』『Olive』カット
      『みずゑ』連載画

      第四部 「新作ー…あらたな物語へ
      ペインティング
      カードボード製立体・屏風

      第五部 「キオスク」
      小さな売店のようにさまざまな小品を配したインスタレーション


イベント ☆オープニング記念コンサート 
      荒井良二と連絡船
      
      2月14日(土)18:15~19:30
      
      会場1階文学サロン
      2000円(展覧会観覧券付き)
      定員100名(当日12:00よりチケットを販売)

     
     ☆荒井サンとワークショップ
      
      日時2月14日(土)18:15~19:30

      3月22日(日)14:00~16:00
      
      会場1階文学サロン
      参加費500円
      定員30名(事前申込制)
      対象小学生
      
      申込方法
      3月8日(必着)までに、往復ハガキに
      ①イベント名(荒井サンとワークショップ)
      ②参加希望者の氏名と学年
      ③代表者の住所・電話番号を明記し、
       世田谷文学館「荒井良二展」担当まで。(2名まで連名可)

     ☆一日店長のサイン会&ミニトークショー
      
      2月21日(土)3月8日(日)11:00~16:00頃
             (ミニトークは15:00~16:00)
      
      会場1階文学サロン
      参加費無料
      定員椅子席100名(当日先着順・立見自由)

 
会場    世田谷文学館 1階展示室

      〒157-0062
      世田谷区南鳥山1-10-10 
      TEL 03-5374-9111
 
観覧料   一般600円 高・大生350円 小・中生200円 
      65歳以上・障害者300円
      ※団体割引あり

アクセス  京王線:   「芦花公園」駅南口より徒歩5分
      小田急線: 「千歳船橋」駅より京王バス利用(歳23系統千歳烏山駅行)
            「蘆花恒春園」停留所より徒歩5分



荒井良二さんのファンなら是非!必見!
わたしも、ポルタのファンなのですが、
開催期間が長いということで、
時間があれば子供と見に行きたいと思っています。

あと、作家さんに直接会える機会は少ないので、とても面白そうですね。
また、作家さんが使用している道具なども見られたり、
原画を見る事ができるのも、素敵なことですよね。

子供に本物を見せるのは、とても大切なことですから。
是非、みなさんも出かけてみてくださいね。



Trackback*0
Comment*0
△PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。