絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.64

ヘンゼルとグレーテル

ヘンゼルとグレーテル (大型絵本)
(1985/01)
グリム バーナディット・ワッツ

今日ご紹介する絵本は、グリム・作 バーナディット・ワッツさん・絵の

ヘンゼルとグレーテル 」になります。

絵を描いていらっしゃるバーナディット・ワッツさんは、
1942年5月13日イギリス中部のノーザンプトンに生まれ。
父親は建築を学び、母親は美術を学ばれています。
子供時代はヨークシャー地方やケント地方で過ごされます。

彼女は「ピーターラビット」シリーズで有名な
ビアトリクス・ポター(ミス・ポター)の影響を受け、
4才で最初の絵本を制作。

後にケント州メイドストーンの美術学校で学び、
絵本作家ブライアン・ワイルドスミスに師事されます。

卒業後、ロンドンに数年滞在し、絵本の仕事でヨーロッパ各地や
1969年には南アフリカに3ヶ月もの間滞在されます。

1968年制作の「赤ずきん 」が翌年ドイツの最優秀児童図書に選考され、
1968年、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞を受賞します。

こうさぎジャック しっぽはどこ?』『おやゆび姫』『雪の女王』など、
グリム童話やアンデルセン童話の挿絵、創作絵本など多く手がけ、
2001年には日本のコマーシャルにも絵を提供されています。
イギリスを代表する女流絵本作家のおひとりです。


さて、本日のお話は、森の中に住んでいる木こりを父に持つ、
兄妹「ヘンゼル」と「グレーテル」が主人公。
あるとき、国に大飢饉がおこり、
貧しい木こりの家族は食べる物もありません。
そこで、継母(ままはは)が兄妹二人を森の中に捨ててくる相談を
木こりに持ちかけます。

木こりははじめは拒みますが、
継母の力の方が上手だったようで、
ヘンゼルとグレーテルは森の中に捨てられてしまいます。

計画を知っていたヘンゼルとグレーテルは、
予め用意していた、光り輝く石を頼りに家へと帰ります。
けれど、それを怒った継母は、
もう一度、兄妹を森に捨てに出かけます。
そして、道々に落として来たパンの屑を頼りに家に戻ろうとしますが、
パンは鳥達に食べられてしまい,
彼らは家路を失ってしまうのです。

そんな中、お菓子の家を発見します。
二人はその家を食べだします。
すると、なかから老婆が出て来て、やさしく二人を家の中に招いてくれます。
しかし、それは…悪い魔法使いだったのです。
魔法使いは、二人をおびき寄せる為に、
お菓子の家を作っていたのです…。

捕まってしまった哀れな兄妹のヘンゼルとグレーテル。
ヘンゼルは狭い小屋に閉じ込められて、
一番上等の料理を与えられ、油がのったところで、食べらてしまう運命。
グレーテルは魔女にこき使われ、
一番最低なカニの殻ばかり食べさせられます。

そして、いよいよヘンゼルがパンや木釜の中で焼かれてしまう日が来ます。
魔女に食べられてしまう前に…。
グレーテルは勇敢な行動で、魔女をやっつけて、ヘンゼルを助けだします。

この童話は、私が幼少の頃に、
一生懸命に読んでいたグリム童話集に入っていて、
とても大好きで、何度も読んでいた記憶があります。

森の中に入って行くと、
屋根はクッキー。
ドアや窓もフレームもクッキーで、
キャンディーや美味しそうな
ホイップクリームでデコレーションされていた家を見て、
本気でお菓子の家に憧れていました(笑)

面白い事に、この童話の内容は、
あまりにもお菓子の家が鮮烈だったようで、
前後の物語をほとんど覚えていませんでした。
娘に読みながら、こんな残酷なお話だったんだ…。
と、ちょっと新鮮な気持ちで、
ヘンゼルとグレーテルを堪能させていただきました。

娘ははじめて聞く「継母」と言う言葉に興味があったようで、

継母って、なに?」と、

直ぐに質問をしてきました。

言葉の響きといい、あまり良い印象ではなかったようです。
面白いもので、言葉の意味の分からない子供にも、
そんなインスピレーションで、言葉の意味を察知するようです。

バーナディット・ワッツさんの絵が場面場面の空気をよく表現されていて、
貧しい木こりの家で、
継母が木こりに兄妹二人を森に捨ててくる話をしているシーンでは、
その事を、じっと息をこらえて聞いている兄妹の息づかいや、
暖炉で炊かれた薪の燃える音が聞こえてきそうだったり。

二人が捨てられた夜の森の中の不気味な静けさと、二人の恐怖感。
月明かりの中の森の青さは絶品です。

イギリスを代表する絵本作家とうなずける作品だと思います。

うちの子は、6歳になる頃に読み聞かせました。





スポンサーサイト

私事☆イベント no.2

ACTgaikan.jpg
The Artcomplex Center of Tokyo

2008年11月15日(土曜日)に、
The Artcomplex Center of Tokyo にて、
パーティーが開催されました。

どうしても娘達を連れて行きたかったので、
子供も参加できるか伺ってみたところ、
アットホームなパーティなので大丈夫だと聞き、
娘二人を連れての参加してきました。

6時半からのパーティーに、
たくさんのアーティストの方々が参加され、
ほんとうにアットホームで、素敵なパーティでした。

上の娘は、ママの絵が飾られているのがよっぽど嬉しかったようで、
終始テンションが上がりっ放し(笑)
アーティストの方達とのご挨拶の間も、
ちょとシャイな所がある娘も、
ネーミングカードの交換など手伝ってくれたり。
いつもと違った一面を見せてくれて、
娘にとっては、とても刺激的な一時となったようです。

わたしにとっても、
育児に終われ、あっという間に一日が終わる生活からちょっと離れて、
久しぶりにアートに触れた夜は、
とても新鮮で刺激的なものとなりました☆

IMG_2001.jpg

IMG_2000.jpg

私事☆イベント no.1

sarahmonetto


今日のイベントのお知らせは、
絵本とは全く関係なく、あくまでも私的なお知らせなので恐縮なのですが…

以前からつくりためておりました、
手作りポストカードを、
この度 The Artcomplex Center of Tokyo の
ポストカード展に出品いたしております。

ひょんなことから知った公募になんとなく応募してみたくなり、
子育てしながらでも、自分の好きな事も大切にしたいなと思い、
その第一歩としての出品と相成りました。

展示販売となりますので、お手に取ってみていただけます☆
お近くにお寄りの際は、ちらっと寄って見て下さい☆

他にも50名近くのアーティストの方々の作品も見られます。
クリスマスカードも出品されているようなので、
お気に入りに出会えるかもしれませんね☆

2008年11月11日(tue)-11月23日(sun)
11:00~20:00(最終日 18:00)

PARTY 2008年11月15日(sat)
18:30~20:00

The Artcomplex Center of Tokyo 2F ACT2

〒160-0015
東京都新宿区大京町12-9
TEL:03-3341-3253

地下鉄丸ノ内線「四谷三丁目」駅
【出口1】から徒歩7分

JR「信濃町」駅から徒歩7分

今日の絵本 no.63

輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年輝きの季節―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年
(1999/11)
ターシャ テューダー

商品詳細を見る




今日ご紹介する絵本は、ターシャ テューダーさんの、
『輝きの季節』
―ターシャ・テューダーと子どもたちの一年


になります。

ターシャ・テューダーさんは、
1915年8月28日 マサチューセッツ州ボストン生まれ。
子供時代は、主にコネチカット州で過ごします。

名家のご出身で、父ウィリアムスはヨットや飛行機の設計技師.
母のロザモンドは肖像画家をしていました。

1938年23歳で結婚し4人の子供に恵まれます。
1961年46歳で離婚。

1938年23歳のときに絵本作家としてデビュー以来、80冊以上の本を出版。

デビュー作「Pumpkin Moonshine」(パンプキン・ムーンシャイン)

1945年「Mother Goose」でコールデコット賞の次点作(オナー賞)を受賞。
1957年「1 Is One」で同じくコールデコット賞の次点作(オナー賞)を受賞。

この絵本でも出てくる、コーギー犬が大活躍する絵本「コーギービル」シリーズが
彼女の代表作でもあります。

スローライフの先駆者で、自給自足の暮らしを心がけ、
1972年57歳の時に、
現在ニューイングランドのバーモント州南部の小さな町はずれマールボロに移住。

19世紀頃の開拓時代スタイルのスローライフな生活を営でいました。

2008年6月18日に自宅で家族、友人に囲まれて逝去、92歳でした。


さて、今日ご紹介する絵本は、
ターシャーの孫のママが小さかったころのお話となります。

ねぇ、おばあちゃま、ママが
 わたしくらいだったときのことを話して。


と、孫にせがまれ、ストーリーは始まります。

1月。

1月が運んでくるもの、それは雪
あしも指もまっかっか


--マザーグース

一年の最後の日には、大きなたき火をし囲んで輪になっておどってね、
大きな声で叫ぶの。「あけましておめでとう!」ってね。

と、話は続き、

それから新年のパーティー。ごちそうは。

と、大きなテーブルでたくさんの家族が食事をしているシーンが描かれ…。

ローストビーフと、その肉汁で焼いたプディング。

と、子供達と一緒にターシャ本人なのでしょうか?
山盛りのポテトでしょうかね、運んでいる男の子。
何枚も重ねられたお皿を運んでいる女の子。
大きなお皿に大きなローストビーフを運んでいる母親が描かれています。
イングランドでは、ローストビーフはごちそうですよね。
知人宅でそれと一緒にマッシュポテトをご馳走していただいたことがあるがのですが、
ターシャのお宅でも、やっぱり
ローストビーフとポテトはご馳走だったのでしょうね。

4月。

4月の雨は
5月の花を運んでくる

--マザーグース

イースターの卵に色をぬったり、
色紙を貼るのもたのしかったわ。


と、子供達と一緒に、
卵に色を塗ったりしているシーンが描かれています。
そして、作った卵を吊るしてあるイースターの木を囲んで、
子供達がパーティーを開いている様子が描かれています。
その周りには、春を知らせる花たちが、
飾られていて、春到来の喜びが伝わってきます。

と、こんな感じで、1月。2月。3月…10月。11月。12月までの、
始めに月にちなんだ童歌や詩などが載せられて、
それが、なんだかその月の出来事とうまく調和して、
その後に続く、語り口調の物語がぐ~んと、盛り上がりをみせます。

毎月、いろいろな行事でお祝いやパーティーがあります。
移り行く季節の中での暮らしがなんだかとても楽しそうで、
子供達生き生きと描かれているのがとても印象的です。

また、ページごとに描かれている繊細な水彩がとても美しく、
その月にちなんだであろうとても細かく丁寧に描かれたお花の飾り枠
描かれているお花は、ニューイングランドの草花なのだそうです。

すべては、実際にターシャのお宅で行われていた行事で、
生前は、これらの行事をずーっと守っていたそうです。
ターシャの人生の楽しみ方のようなものが伺えますね。

私も、ターシャのように自分のライフスタイルを楽しむことが出来れば、
子供達にもっと人生の楽しさを教える事が出来る母親になれるのでは…。
などと、ちょっと理想の母親像などを考えさせられました。

また、彼女のライフスタイルや、ガーデニングスタイルは有名で、
絵本以外にも、数々の写真集などが出ています。
こちらも、鑑賞していただければ、
この絵本の良さが、もっと伝わってくるのではないかと思います。

うちの子は、6歳になるころに読み聞かせました。












上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。