絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.56

<span style=目をつむるのよ、ぼうや" border="0">目をつむるのよ、ぼうや
(2002/12)
ケイト バンクス

ゲオルグ ハレンスレーベン

商品詳細を見る



今日の絵本は、
ケイト バンクスさん・文 ゲオルグ ハレンスレーベン・絵の

目をつむるのよ、ぼうや」になります。

文を書いているケイト バンクスさんはアメリカ生まれ。
本好きな両親の影響をうけて、幼い頃からに絵本に親しまれたようです。
ボストン近郊のウェルズリー・カレッジを経て、コロンビア大学で歴史を学び、
卒業後は、ニューヨークの出版社に勤務。
その後、ヨーロッパ、ローマに移り住む。
8年間住んだローマでゲオルグ・ハレンスレーベンと出会い、
おつきさまはきっと」「Baboon」など多くの作品を生み出します。
現在は夫と2人の息子とともに南フランスで暮らしているそうです。

絵を描いているゲオルグ・ハレンスレーベンさんは、
1958年ドイツのヴッパタール生まれ。
幼いころから水彩画を手がけ、画家として活躍。
1977年に画家としてスイス・チューリッヒのギャラリーにて初の個展を開催。
以降、意欲的に個展を開催されてます。
大学卒業後はローマに住み、ケイト バンクスさんと出会い、
児童書の仕事をはじめます。
おつきさまはきっと」でホーンブック98年最優秀賞を受賞されます。
フランス・パリで装丁の仕事をする今のご夫人 アン・グットマンと出会い結婚。
以前にも紹介しました、「リサとガスパール」シリーズを出版します。
現在は、フランス・パリにアンと娘のサロメと一緒に3人で暮らしていいるそうです。

さて、今日ご紹介する絵本の主人公は、可愛いとらのぼうや
このぼういや。どうやらねむりたくないようです。

とらのかあさんが言います。

目をつむるのよ、ぼうや。もう、おやすみのじかんでしょ

けれど、とらのぼうやは、

目をつむったりしたら、空がみえなくなるもン
目をつむったりしたら、木だってみえなくなるもン
青いとりだってみえなくなるもン

と言って、目をつむろうとしません。
かあさんのとらは、そんなとらのぼうやの言う事を、
ひとつひとつ優しく受け答えをして、
ぼうやの頭の中のをやんわりと広げて行ってあげながら、
とらのぼうやを眠りへと誘います。

空が見えなくなるどころか…

それどころか、空のね、雲のあいだにうかんでて
 夜になったら、お月さまがだっこしてくださるかもよ


木が見えなくなるどころか…

見えなくなるどころか、木なんかいっぱいみえるわ。
 そこで かくれんぼもできるのよ。
 夜になるまで、たっぷりと……


青い鳥がみられなくなるどころか…

目をつむったらね、どんないろのとりだってみえるの。
 おまけに おまえもとべるかもよ……


どれも、とても愛情のこもった優しい言葉ですよね。

いつも、子供時間子供目線で夢の中に連れていってあげる余裕がなく、
ついつい子供の対して、
「もう遅いからねなさい!」と、現実的になってしまいがちなので、
この絵本を読んで、こんなやさしいかあさんになりたいものだと、
ちょっぴり日々のかあさん役の自分に反省しちゃいました。

うちの子は5歳になってから読み聞かせました。









スポンサーサイト

今日の絵本 no.55

ぐるんぱのようちえん (こどものとも傑作集)ぐるんぱのようちえん (こどものとも傑作集)
(1966/12)
西内 ミナミ堀内 誠一

商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、
西内ミナミ・作 堀内 誠一さん・絵の
ぐるんぱのようちえん」になります。

文を担当している、西内ミナミさんは1938年京都生まれ。
東京女子大学卒業後。
在学中より児童文学創作を志しますが、
広告会社にコピーライターとして約10年勤務。
堀内誠一氏のすすめにより、処女作の絵本「ぐるんぱのようちえん」を書きます。

絵を担当している、堀内誠一さんは1932年12月20日東京都生まれ。
日本大学付属第一商業高等学校中退。
平凡出版(現マガジンハウス)の雑誌
「アンアン」「ポパイ」「ブルータス」「オリーブ」の
エディトリアルデザイナーとして活躍。
これらの有名な雑誌のロゴを手がけたかたでもいらっしゃいます。 
グラフィックデザイナー、エディトリアルデザイナー、絵本作家…と、
多方面での活躍をなさったお方です。

今日ご紹介する絵本の主人公は、ぞうの「ぐるんぱ

この、ぐるんぱ。
はじめは、ひとりぼっちでとても汚れたぞうでした。

見るに見かねた森の仲間は、ぐるんぱの再生を図ります。
見事に綺麗になったぐるんぱは、
新たな人生の出発に仕事をはじめます。

ビスケット屋さんでは、大きなビスケットを作り。
お皿作りやさんでも、誰も使う事が出来ないほど大きなお皿を作り。
靴屋さんでも、誰も履く事の出来ないほどの大きな靴を作り。
ピアノ工場…誰もひくことが出来ないほどの大きなピアノを作り。
自動車工場では、運転席から前が見えないほどの大きな車を作ります。
そして、雇い主は口を揃えてこう言います。

もう、けっこう

大きすぎるものしがつくらないぐるんぱを、どこも追い出してしまいます。
最後にぐるんぱは、つくったもの全てを大きな車に載せて何処へ…。

でも、最後にこんなぐるんぱんの作ったものが、役に立つ場所を見つけます。

めちゃめちゃ必要とされる場所を…

ずっと、ひとりぼっちだったぐるんぱが、
安住の地を見つけたとでもいいましょうか…。

どこに行っても役に立たない…。
そんな、ジレンマのようなものと向かいあって、
それでも、探し続けたぐるんぱの勝利とでもいいましょうか…。

探し続ける事が重要。
探し続ければ、いつかは見つかる。
自分を必要としてくれる場所が…。


そんなことを、子供たちにそっと教えてくれてくれる絵本です。


うちの子は、5歳の時に読みきかせました。


今日の絵本 no.54

ぶかぶかティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)ぶかぶかティッチ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1984/01)
パット ハッチンス

商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、パット・ハッチンスさんの、
ぶかぶかティッチ」になります。

パット・ハッチンスさんの絵本を紹介するのは、これで4冊目になります。
いたずらかいじゅうはどこ? ヒギンスさんととけいロージーのおさんぽ

娘も私も彼女の作品が大好きなので、
ついつい手が出てしまう絵本なのです。
好きな作家さんの作品は、
読む前から、なんとなく親しみ深い感じがするので、
安心して読む事が出来るのが良いですよね。

今日の作品は、1975年にでた「ティッチ」の続編ですね。
ちょっと成長したティッチのお話です。

小さかったティッチも少しずつ成長して、
ティッチのズボンが小さくなり、
ティッチのセーターが小さくなります。

すると、にいさんのビート
ぼくの ふるいのを あげるよ。
 ぼくには ちいさすぎるんだ
」とズボンをくれて、

ねえさんのメアリは、
あたしの ふるい セーターを
 あげるわ。あたしには ちいさすぎるの
」とセーターをくれます。

でも、どれも…
だけど、これ、まだ ぼくには ちょっと おおきいや」と、
ティッチはいいます。

けれど、にいさんのビートもねえさんのメアリも
同じ事を言います。
でも、すぐに ちょうどよくなるわよ」と…。

そして、ティッチの靴下が小さくなったとき…。

ビートとメアリは口をそろえてこう言います。
この、ふるい くつした あげる。 
 ちいさくて、はけないから
」と…。

すると、ティッチはこう言います。
それで、その くつしたが、 みな すぐ、
 ぼくに ちょうどよくなるって いうんだろ?
」と…(笑)

さすが、末っ子ティッチ
自分の立場が良くわかっていらっしゃる。

下に生まれた子のですね。おさがりは…

ティッチは見事に、

ぶかぶかのセーター
ぶかぶかのズボン
ぶかぶかの靴下を履く事に。

見るに見かねたママは、
ティッチに新しいセーターとズボンと靴下を買う事を提案してくれます。

我慢したかいがあってティッチは、
できたて ほやほやの セーターとズボンとくつした
を手に入れることができます。

そして…。小さくなったティッチのセーターとズボンと靴下の行方はと言うと…。

そら、ぼくの ふるい ずぼんを …あげる。
 それから セーターと、
 くつしたも。
 ぼくには、とても ちいさいんだ!


ティッチの顔は…ちょっとお兄さん

この絵本の大半のページは、同じ部屋が同じ角度で見た様子が描かれているのですが、
窓の外の風景や、部屋の片隅のプランターなどが、
ページを捲るごとに、時間の経過を想像させてくれます。

前のページと次のページの何処かが違います!と、
クイズ形式で絵の変化を娘と楽しめました。

うちの子は、4歳から読み聞かせました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。