絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.50

まっくろネリノ (ガルラーの絵本)まっくろネリノ (ガルラーの絵本)
(1973/01)
ヘルガ=ガルラー、やがわ すみこ 他

商品詳細を見る



今日の絵本は、ヘルガ・ガルラーさんの、

まっくろネリノ」になります。

ヘルガー・ガルラーさんは、1939年オーストリア ウィーンに生まれ。
本職はデザイナー。美術工芸大学を卒業後、
イタリアで暮らしたり、アメリカで暮らしたりしたようです。
絵本作家の他に、織物、服飾デザイン、室内装飾、アニメの仕事など、
多方面で活躍されました。
本作品は、ヘルガー・ガルラーの記念すべき第一作で1968年に描かれました。

今日の絵本の主人公は、体が真っ黒な「ネリノ
ネリノには家族がいます。
とおさん、かあさん。
そして、いろいろな色をした、きれいな4人の兄さんたち。

ぼくは こんなに まっくろだろ、
 くらやみならば だれにも みえやしない。


いろんな いろした きれいな にいさんたちは、
 ちっとも ぼくと あそんで くれない。
 あんまり まっくろだから だめなんだって。


可哀想な事に、ネリノは自分の体が黒いことに
少しコンプレックスを持っているようなのです。

そこで、ネリノは花畑の素敵な花たちに問いかけます。

ねえ、どうすれば そんな いろになれるの?」と…。

すると、花は答えます。

しらないわよ。だって、うまれつき、
 あかや あおや みどりや きいろだったんですもの。


ネリノは自分のまっくろも、うまれつきなのかな?と考えます。

私は、この会話の部分がとても好きです。
とても大事なメッセージが込められているような気がするのです。

うまれつき」 それは、とても大事なキーワードだと思います。

その後、兄さん達は あんまりきれいだったので、捕まえられてしまいます。
そして、ネリノが活躍するのですが…。
ここで、黒いネリノの体だからこそやり遂げられる救出劇と続きます。

だれもがそれぞれ、個々の「うまれつき」を持っています。

「うまれつき」は、いろいろな個性を持っていてよいのです。

「うまれつき」は、他と違っていてよいのです。


そんなことをネリノを通して、
ヘルガー・ガルラーが子供達に訴えかけているような気がします。

また、彼女の黒をベースにした、淡いパステルがも必見。
ネリノもふわふわとして可愛らしいですし、
兄さん達が捕われた鳥の籠のデザインは、とても美しいです!

うちの子は、3歳のころから読み聞かせています。






スポンサーサイト

今日の絵本 no.49

AKUTARE


あくたれラルフ

(1995/01)
ジャック ガントス ニコール ルーベル、 他

今日の絵本は、ジャック ガントス Jack Gantos)作
ニコール ルーベルNicole Rubel)絵 の

あくたれラルフ」になります。

この絵本は、アメリカではシリーズで10作以上刊行されていて、
その記念すべき第1作目となります。
日本では、この作品のみの刊行です。

1999年から2001年までイギリスBBC放送がテレビアニメーションを製作。
日本でもBS放送で『いたずらネコ ラルフ』とい題名で、
放送されていたようです。

ジャック ガントスは、
1951年7月2日アメリカのペンシルバニア州に生まれる。
自由奔放に生きていた少年時代。
行き過ぎて、NYの刑務所暮らしをしたこともあるほど。
けれど、彼は作家になりたいと言う夢を持ち続け、
一度は曲がった人生を立て直すパワーの持ち主。

ニコール ルーベルは、
1953年4月29日アメリカのフロリダ州で生まれる。
マイアミビーチ育ち。ボストン美術館美術学校に通います。

二人は1976年に出会い、「あくたれラルフ」を制作します。
これが、世に出て彼らの代表作となります。

さて、今日のお話ですが、
いたずら猫の顔をした真っ赤なねこ。「ラルフ」が主人公。
このラルフ。一筋縄では行かないほどのいたずらねこ。
とにかく、わがまま放題。やり放題(笑)

あくたれねこの ラルフは、 セイラの ねこでした。
あくたれでも、 セイラは、 ラルフが すきでした。


セイラが踊っていると、真似をしてからかい
セイラがブランコに乗っていると、ブランコが下がっている木の枝を切り
セイラのパーティーをめちゃめちゃにします。

おとうさんの大事にしているパイプで、シャボン玉をしたり。
おかあさんお可愛がっている鳥を、おいまわします。

文字通り、ラルフは あくたれ です(笑)

それでも、セイラはラルフが好きなのです。
憎めないとでも言うのでしょうか…。

あくたれでも ラルフは、 セイラの ねこなのです。
セイラは、強い責任感を持っているのでしょうかね?
まるで、出来た母親のようなセイラです。
若いのに、偉いですね。

ある日、家族でサーカスに出かけます。
そこで、またまたラルフは悪いことをします。
興奮した犬に怒ったラルフは、
犬の首輪にゴム風船をいくつか縛り付け、飛ばしてしまいます。
犬は、ライオンの檻に…

ラルフはサーカスでも大暴れ(笑)

かんかんに怒ったおとうさんは、
ラルフをサーカスにおきざりにします。

さて、大変。
今まで、甘やかされ放題にされていたねこラルフは、
はじめて人生の厳しさをしります。

サーカスから逃げ出し、路上での生活など紆余曲折を経て、
ラルフはセイラに助けられます。
セイラはラルフをずーっと探していたのです。
しかも家に帰ると、おとうさんもおかあさんも大喜び。
美しい家族愛包まれ、ラルフは改心を誓いますが…。

テンポが良く、ユーモアに溢れたストーリーに、
子供は強く惹き付けられます。

悪い事ばかりすると、バチがあたるのよ!

子供にはある意味、良いお手本です。

この絵本の題材は、きっとジャック ガントス自身の人生そのものなのでしょうね。
自由奔放に生き、悪い事も平気でやったガントスが、
人生の曲がり角、服役ということで、人生の厳しさに直面。
ただ、彼を立ち直らせるのには、
筋の一本通った、強い父の存在が不可欠でした。

だからこそ、ラルフは憎めないねこなのですね。

うちの子は、5歳のころに読み聞かせました。












今日の絵本 no.48

ヒギンスさんととけいヒギンスさんととけい
(2006/03)
パット ハッチンス

商品詳細を見る



今日の絵本は、前回に引き続き パット・ハッチンスさんの

ヒギンスさんと とけい」になります。

作者、パット・ハッチンスは言っています。

私は子供だからと言って、
 調子を下げるつもりはありません。
 ただ、物語が論理的にきちんとしていることを
 心がけています
。」と…。

今回のストーリーも、美しい絵と一緒に
ちょっと考えながら楽しむという、
絵と文章を楽しむ絵本の世界が繰り広げられていきます。

さて、お話ですが、ビギンスさんと言う、
見た目はでっぷりとした体格の
めちゃめちゃお洒落なおじさまが主人公です。
彼は、屋根裏部屋のある3階建てのお家に住んでいます。

ビギンスさんはある日、屋根裏部屋から立派な時計を見つけます。

ちょっと まてよ。 
 このとけいが ちゃんとあっているかどうか
 しらべるには、 どうしたらいいのだろう。


と、実に面白い疑問を抱きます。
そして、その時計があっているかどうか確かめる為に、
ビギンスさんは、もうひとつ時計を買って来て3階の寝室に置きます。
見かけに寄らず、ビギンスさんはなかなかの行動派のようです。

けれど、困ったことが起こってしまいます。
寝室の時計と屋根裏部屋の時計の時刻が1分違うのです。

そこで、ビギンスさんは、もうひとつ時計を買って来て、
2階の台所に置きました。
そして、時間を確認します。

「台所の時計は…4時10分まえ。」
屋根裏部屋に上がっていって…
「屋根裏部屋の時計は…4時8分まえ。」
2分違います。
あわてて、寝室まで行くと…
「寝室の時計は…4時7分まえ。」
1分違います。

どの時計があっているのだろう??

…ビギンスさんは困ってしまいます。
そこで、また新しい時計を買って来て、
1階の玄関のホールに置きました。

玄関の時計は…
4時20分。」
いそいで屋根裏部屋に行って時計を見ると…
4時23分。」???
3分違います。

だんだん、ビギンスさんは焦ってきます。

いそいで台所に降りて行くと、
4時25分。」????
2分違います。

いそいで寝室に上がって行くと、
4時26分。」?????
1分違います。

ぜんぶ ちがっている。いいとけいは ひとつもないぞ。

ビギンスさんは、ほとほと困り果ててしまいます。

そこで、時計屋さんにいって事情を説明して、
時計屋さんにビギンスさんのうちの時計は、
どれが合っているのかを見てもらうことにします。

時計屋さんは自分の懐中時計をみながら、
すべての階にある時計がさす時間を確かめてもらいます。

ビギンスさんが、次から次に時計を買って来るのが子供は楽しかったようです。
そして、各階の時計が指す時刻が違うので、
なにか、マジックでも見ているような、ワクワク感を感じていたようです。

時計の針を見て時刻を確認することを覚えている子供なら、
もっと楽しいかもしれませんんね。
うちの子は、まだ時計が読めないので、
理解出来るようになったら、またたくさん読んであげたいと思います。

余談ですが、ビギンスさんが屋根裏部屋で時計を見つけた時刻は1時30分。
ビギンスさんが家中の時計があっているのを確かめたのが、
時計の針が6時を指しています。
ビギンスさんが納得するまでに、4時間半も掛かったようです(笑)
頑張りました!

冒頭で触れましたが、さすがパット・ハッチンスさん。
「私は子供だからと言って、調子を下げるつもりはありません。」
と言っているように、
時計の見方の文章が子供目線ではないようです。

「4じ10ぷんまえ…。」

時計を見ると3時50分と見がちですが、
4時10分前と表現しているところが、
ちょっと大人だなぁ…と私的に感じてしまいました。

まっ、彼女はイギリス人なので、
英語だと、よく 「ten to four」と表現するので、
直訳された翻訳だったせいもあるかもしれませんね(笑)

この絵本も絵がとても美しいです。
この3階建てビギンスさんのお家のなかが、
最後のページでは3階建ての全部と屋根裏部屋までの、
壁を取り払った感じで見られるます。
とても素敵なお宅ですよ☆

うちの子は、5歳のころから読み聞かせています。

















今日の絵本 no.47

ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)ロージーのおさんぽ (ハッチンスの絵本)
(1975/08)
パット=ハッチンス、わたなべ しげお 他

商品詳細を見る



今日の絵本は、パット=ハッチンスさんの、

ロージーのおさんぽ 」になります。

パット=ハッチンスさんは、以前「いたずらかいじゅうはどこ(今日の絵本 no.30)
でも紹介させていただいている作家さんになります。

「ロージーのおさんぽ」は、彼女の処女作で、アメリカ在住時代に描かれたものです。
この絵本は、イギリスの田舎での田園生活が反映していると言われている作品です。

さてお話ですが、めんどりのロージーが散歩に出かけた時のお話です。
ストーリーは、ロージーがお散歩にでかけて、

おにわを こえ
ほしくさの やまを こえ
はちのすの すばこの したを すいすい…


こんな感じで、ロージーはのどかな田園をお散歩します。
文だけ読むと、ロージーの散歩コースの解説…的な展開なのですが、
このお話は、そんな簡単な絵本じゃなさそうです(笑)

文のストーリー展開とは別に、
この絵本には別のストーリーも同時に語られているのです。

表紙に描かれているきつねがいますよね。
このきつねのストーリーが実は別に存在します。
それは、文章では表現されておらず、
絵で表現されています。

ロージーがお散歩に出かけると、
後ろからきつねがロージーを狙って、そっと着いて行くのですが…

ロージーがおにわをこえた時に、
きつねは、に足を乗せてしまい、鍬の枝が顔を直撃!
それでも、ロージーは気づかず散歩を続けます。

ロージーがほしくさのやまをこえた時、
きつねは、体が重くてほしくさのやまに埋もれてしまいます。
それでも、ロージーは気づかず散歩を続けます。

ロージーがはちのすのすばこのしたを、すいすいと通り抜けると、
きつねは、荷車に乗ってはちのすばこに激突
はちは一斉に、逃げるきつねを追いかけます。
それでも、ロージーは気がつきません。

そして、ロージーは最後に心配した事というと…(笑)

呑気なロージと、さんざんな目に合うきつねのお話です。

どうしても文章で絵を解説している絵本が多い中、
この絵本は、描かれている絵について触れていないことが、
かえって、新鮮でとても楽しませてもらいました。

また、7歳の頃から絵を描き始め、
美術学校や美術専門学校で学んだパット=ハッチンスの絵は、
時代を感じさせる、モダンなデザイン画のようで、
とても綺麗で、細部にわたって楽しめます。

うちの子は、3歳の頃から読み聞かせています。











今日の絵本 no.46

pukkucyannno
ぷくちゃんのねんねんぽっぽ (ぷくちゃんえほん)
(2002/02)
ひろかわ さえこ

今日の絵本は、ひろかわ さえこさんの

ぷくちゃんのねんねんぽっぽ」になります。

ひろかわ さえこさんは、1953年に北海道の小樽市生まれ。
東京の武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。
絵本を制作する他、挿絵、エッセイなどの作品多数あるようです。

今日の絵本の「ぷくちゃんのねんねんぽっぽ」は、
子育ての知恵がつまった絵本」と称さる
人気びシリーズものの、5作品中4作目の作品となります。

さて、今日のお話の主人公は可愛いぷくちゃんです。
お話は、ぷくちゃんがねんねのじかんになって、
パパとお着替えをします。
着替えの後は、自分で歯も磨き、
最後にはおかあさんに仕上げもしてもらい、
おかあさんに絵本を読んでもらって、お布団に入ります。

お布団の中では、おかあさんのやさしいせなかの「とんとん」と、
おかあさんのやさしいうたで夢の国に導かれていく…と言う、
どこの家庭でも見かけるような光景が描かれています。

でもなぜか…普段やっているようなことも、
このぷっくちゃん一家の絵は、ふわふわ、ふわふわとしていて、
とても、とてもしあわせに満ちあふれているように見えてしまうのです。

ぷくちゃん一家や、夢の中にでてくるお友達みんなのお顔が、
み~んな、にこにこなのです。

口角がみんな上がっています。
だから、みんなしあわせに満ちあふれているように見えるのですね。
素直でにこにこのぷくちゃんは、子供の良きお手本ですね。
子供には、とても大事なことだと思います。

あと、ひろかわ さえこさんの淡い色の使い方が、
この絵本のしあわせ感を倍増しているようにも思えます。
素直なぷくちゃんのぷくぷくとした感じ。
たまらなく可愛いです。

最後に、おかあさんがぷくちゃんに子守唄?を唄うシーンがあるのですが、

ねんねんぽっぽ しゅぽっぽ♪
ねんねのくにへ しゅぽっぽ
ぷくちゃんのせて しゅぽっぽ


語呂がよいようで、娘はすぐにこのフレーズを覚えました。
そして、ぷくちゃんのなまえの部分を、
娘の名前にすると、とても喜んでいました。

ここで、夢のシーンになると、
絵を縁取っていた色(黒)が、グレーのような薄い色に変化したり、
パステルカラーになったりと、
色使いだけでも、夢見るぷくちゃんの幸福感がよく伝わってきます。

うちの子は、0歳のころから読み聞かせています。















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。