絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.42

だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)だめよ、デイビッド (児童図書館・絵本の部屋)
(2001/04)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る



今日の絵本は、デイビッド シャノンさんの、

だめよ、デイビッド!」です。

デイビッド シャノンさんは、1959年アメリカワシントン州生まれ。
ただ今、ロサンゼルス在住。

イラストレーターで活躍した後に、絵本の作家に。
1999年コールデコット賞オナー(次点)『だめよ、デイビッド!』
全米図書館協会優秀図書賞、
2002年 第7回 日本絵本賞 読者賞(山田養蜂場賞)を受賞しています。

この愛くるしい顔の絵を、
どこかで見たような記憶がある方もいらっしゃるのと思いますが、
(今はやっているかどうか定かではないのですが…)
薬用ハンドソープのCMで、このデイビットが登場していました。

我が家では、娘がそのCMを見るたびに興奮して
『デイビッド~!』と叫んでました(笑)

さてこのお話ですが、主人公デイビッドがいろいろとやってくれる
壮快なお話(笑)となります。
かなり危うい表紙の絵でも、デイビッドは積まれた本の上に乗り、
金魚鉢に両手が伸びていますね(笑)

絵本のページを捲るたびに、デイビットはこんなことばかりしています。
なので、「ダメよ!デイビッド!」と、ママに言われちゃうのです。

ママに「ダメ!」と言われる事を、
悪い事だとは知っていても…?(もしかしたら知らない?)
楽しそうなので、興味があるので…。

やめられな~い!

そんな行動をどんどんやってしまうデイビッドに、
子供はとても共感するようです。
だから、子供がデイビットが大好きなのです。

そして、「ダメだよね~デイビッド。」と良い子の意見を言ったりします(笑)

最後に、見開きページいっぱいの泣きそなデイビッドの顔が出て来て、
やんちゃだけど、憎めないデイビットの可愛いさが伝わってきます。

その後、ママにギュ~っと抱きしめられるのですが、
こういったコミュニケーションが大事なんだよなぁ~と、
考えさせられました。

うちの子は、3歳くらいのころから、よく読み聞かせていました。







スポンサーサイト

今日の絵本 no.41

パパ、お月さまとって!パパ、お月さまとって!
(1986/12)
エリック カール

商品詳細を見る



今日の絵本エリック カールさんの、
パパお月さまとって」です。

このお話は、以前にも書きましたが、
満月の夜、大きく見えた月に手が届くと考えた娘に
『お月様とって』と言われたことがヒントになって出来た作品です。

今回のお話は、モニカと言う女の子が、
お月さまと あそびたいな」と思い、
パパの肩に乗って てを のばしました。
けれど、お月さまには届きません。

パパお月さまとって!

と、モニカが言うと…
パパは、なが~いなが~い梯子をどこからか持ってきて、
高~い山に運び、梯子を立てて月までのぼってしまいます。

パパはもの凄い行動力のあるお方です!
そして、月までたどり着いたパパは月に相談します。

むすめのモニカが あんたと あそびたがっているんだ。」と…。

やさしい月は、

わたしは まいばん すこしずつ 
 ちいさくなっていくんですよ。
 ちょうどよい おおきさになっととき、
 つれていってくださいな。


と言ってくれます。

その後、パパは小さくなったお月さまをモニカのもとに、
無事にお月さまを持っていってあげられます。

モニカはお月さまといっしょに、とんだり、おどったり。
とても楽しそうに遊びます。
けれど、お月さまは小さくなり続けてしまいます…。

この絵本は、途中しかけ絵本になっていて、
長い梯子のシーンでは、両開きに紙が追加されていて、
本当に長い梯子を持ったパパの姿がみられたり、
お月さまにたどり着いた時のシーンでは、
上下に紙が追加されていて、開くととても大きなお月さまがみられます。

凝った仕掛けではないけれど、
子供には梯子の長さや、お月さまの大きな存在感などは、
十分に伝わっていたました。

お月さまの自然の原理である満ち欠けするものだということを、
子供にやさしく教えてくれる絵本でもあります。

うちの子は、3歳くらいのころから、よく読み聞かせてました。












今日の絵本 no.40

くまさん くまさん (日本傑作絵本シリーズ)くまさん くまさん (日本傑作絵本シリーズ)
(1995/06)
山脇 百合子、中川 李枝子 他

商品詳細を見る



今日の絵本は、なかがわりえこさん さく
       やまかわ ゆりこさん え の

くまさん くまさん」 です。

なかがわりえこさんとやまかわ ゆりこさん言えば、
不滅の名作「ぐりとぐら」の作者でもあります。
そう言えば,どことなく「くまさん」のやさしいタッチの絵が
「ぐりとぐら」と同じですね。

このお話は、くまさんが日常のたわいのない暮らしの様子を、
テンポの良い言葉で語られてます。

そこが、子供が好きなところなのですね。

くまさん くまさん はを みがく
くまさん くまさん かお あらう
くまさん くまさん あさごはん
くまさん くまさん しんぶん よんで

くまさん くまさん ………

くまさんは、勉強をしたり、
ママのお手伝いをして、子守りをしてたら、一緒に寝ちゃったり。
ふとんを屋根の上に干すと、また寝ちゃいます(笑)

くんまさん、寝坊すけさんです。

ちゃんとエプロンして、帽子を被ってお料理だってしちゃいます。
そして、うさぎさん、りすさん。
カメさんにアヒルさん。
他にもたくさんのお友達をご招待して、
自慢の料理を振る舞います。

気前が良いところは、ぐりとぐらに通じるところがありますね。
すごいお利口なくまさんは、子供の良きお手本です。

お話の途中で、お料理で使う野菜が出てきます。
娘とこれな~んだ。と、クイズをしたり、
くまさんがお皿を洗って拭くシーンでも、
1まい 2まい 3まい 4まい
このお皿は何枚?と、質問してみたりして遊びました。

うちの子は、3歳くらいのころから、よく読み聞かせてました。

















今日の絵本 no.39

samuwakeshitewasuremasen



サムはけっしてわすれません
(2005/10)
イブ・ライス、あきの しょういちろう 他



今日の絵本は、イブ・ライスさんの、

サムはけっしてわすれません」です。

1977年にアメリカで初版発行。
日本では、2005年10月が初版になります。
随分、長い間日本で翻訳されなかったみたいですね。

このお話は、サムと言う動物園の飼育係さんが主人公。
このサム。3時になると、毎日どうぶつ達にえさをやるのが日課。

まじめなサムは わすれたことなど ありません!

キリンさんには やわらかな みどりのはっぱ。
くまさんには いちご。
しまうまさんには からすむぎを…。
さるさんには きいろい バナナ。

みんなの好物をワゴンに乗せて、
サムは毎日えさやりです。

けれど、ぞうさんだけが、まだえさをもらってません。
他の動物たちも、ぞうのことを心配します。

ぼくのこと わすれたのかい?」
涙が一粒、ぞうの目からこぼれ落ちそうになってしまいます。

そこにサムの登場。

わすれた だって?
 ぼくは けっして わすれないよ!


そこでサムが持って来た物は…。

最後にホッと一息ついて、よかった~って思える絵本です。
絵がとても可愛らしいです。

娘とは、ところどころに出てくる、風船の色クイズをしたり、
風船の数を数えたりしても楽しめました。

うちの子は、2歳くらいから、よく読み聞かせていました。










今日の絵本 no.38

はらぺこあおむしはらぺこあおむし
(1989/02)
エリック=カール、もり ひさし 他

商品詳細を見る



今日の絵本は、エリック=カールさんの

はらぺこあおむし」です。

この絵本は知らない方がいるの?と言うくらいの有名な絵本ですね。
エリック カールさんの代表作と言ってもよいのではないのでしょうか?
なんと!1976年に日本で初めて発売されたアメリカ人絵本作家の絵本が、
この「はらぺこあおむし」なのです。
世界33カ国で翻訳され、出版されています。

この作品にはうたまであるのですから、凄いですよね。
ちなみに、うちの子もうたえます☆

エリック カールさんは、1929年アメリカ生まれ。
ご両親はドイツ人だそうです。
1935年に西ドイツに渡り、シュツットガルトの造形美術大学で学びます。
1952年アメリカに戻り、ニューヨークタイムズでグラッフィックデザイナーとして活躍。
後に絵本作家への道を歩まれます。

レオ・レオニさんと交流があったようで、ニューヨークタイムズには、
彼の紹介で入ったとのことです。

類は友を呼ぶ…ですね☆素敵です。

レオ・レオニさん同様、エリック・カールも子供のために絵本を作ったことがきっかけで、
絵本作家になったそうです。
パパお月様とって」という話ので、
 満月の夜、大きく見えた月に手が届くと考えた娘に
『お月様とって』と言われたことがヒントになったようです。

彼の絵本は、コラージュ(切り貼り絵)の技法が使われていて、
薄い紙に、指や筆で絵の具を塗り、その後切り抜いて下絵通りに重ね張りをすると、
この独特の絵が完成するようです。
鮮やかな色の色彩で「色の魔術師」や「絵本の魔術師」と呼ばれています。

1968年、絵本「1,2,3どうぶつえんへ」でボローニャグラフィック大賞を受賞。
翌年の1969年にこの絵本「はらぺこあおむし」を発表。
本当に長く愛されている絵本ですね。

この絵本は、日曜日に生まれたあおむしくんが主人公。
このあおむしくん、とっても食いしん坊で、
月曜日からず~っと食べ続け、
食べる量が曜日を重ねるごとに増えて行き、
土曜日にはチョコレートケーキからペロペロキャンディ…
あおむしくんの大きさから言うと…食べ過ぎです(笑)

しかも、おやつばかり。

そんなに食べちゃお腹を壊しちゃうよ!
娘にいつも言っていることが現実にあおむしくんに起こってしまいます。
小さな子には、あおむしくんは良い意味で反面教師です(笑)

仕掛け絵本になているページがあって、
あおむしくんが食べた果物にはがあいていています。
子供はその穴があいている部分に指を突っ込んだりして遊んでました。

また、ページを捲るごとに増えて行く
果物の数を数えたりするのも楽しかったようです。

うちの子は、0歳くらいから読み聞かせていました。































上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。