絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.34

0さい~4さいこどもずかん 英語つき0さい~4さいこどもずかん 英語つき
(2003/10)
よしだ じゅんこ、デイブ テルキ 他

商品詳細を見る



今日の絵本よしだじゅんこさんの、

0さい~4さい「こどもずかん」(英語つき)になります。

よしだ じゅんこさんは、1975年生まれ。
ただ今、路島在住。
2002年よりフリーのイラストレーターとしてお仕事をしていらっしゃるようです。
英語の監修は、デイブ テルキ さんです。

この絵本は、題名通り、可愛い絵にそれぞれの名前がひらがなで書かれていて,
一緒に英語の単語も書かれています。
英単語の読み方のお手本として、カタカナでの英語読みも書かれています。
アクセントを強く発音する部分は太字で書かれています。
とても親切ですね。
どちらかというと、こどもの英語図鑑的役割の方が、大きいようです。

どうぶつへん。くだもの。やさい。のりもの。くるま。
むし。はな。からだ。いろ。かず。
以上、10の項目に分かれています。

子供は、絵をみるだけでも好きですが、
こう、たくさんの動物たちなどがならんでいると、
自然とクイズ形式になっていき、
遊びながら、ページをめくって行くことで、
もっと楽しんでいるようです。

中には,私も知らなかった単語などあって、
ちょっとためになってます(笑)

うちの子は、0歳から読み聞かせています。





フレンチベビー服 DPAM(ディーパム)ストアオープン




 

スポンサーサイト

今日の絵本 no.33

ばしん!ばん!どかん!ばしん!ばん!どかん!
(2004/10)
ピーター スピア

商品詳細を見る



今日の絵本は、ピーター スピアさんの

ばしん!ばん!どかん!」になります。

ピーター・スピアさんは、1927年オランダのアムステルダム生まれ。
1952年にアメリカへ渡りニューヨークでイラストの仕事を始めます。
なんと、100冊以上の絵本のイラストの作品を世に送り出しています。
「ノアのはこ船」では、1978年コールデコット賞を受賞しています。

この絵本のストーリーは、とってもユニークで、
挿絵に音喩(擬音)で音を表現するだけの絵本になりますが、
これが、不思議な世界に引き込まれます。

表紙の英国軍楽隊風のページでは、
大太鼓が「どん どん どん」
小太鼓が「たららん たららん たららん」
シンバルが「じゃあん」
風にはためく旗が「ぱた ぱた」
軍楽隊の足下からは「どす どす どす どす どす どす どす …」

絵と音喩のみでも、臨場感が伝わってくるのが、とても不思議です。

他にも、ケトルが「ぴいいいいいいいいい」
ミキサーが「ういいいいいいいいいいいいいいい」
機関車が「しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ」
プロペラ機が「ぶるる ぶる ぶる ぶるるるるるるるるるるるるる」

全40ページにわたって、膨大な量の音喩での世界が繰り広げられています。
我が家の毎日の儀式。寝る前の読み聞かせの時間に読むと、
ほとんど最後まで読み終わる前に寝てしまうほど、
たくさんの音喩が出てきます。

どの部分を読んでいるのかが分かりづらいので、
指で示しながら読んでいますが、
本人は分かっているかどうかちょっと疑問ですが、
子供は音喩が大好きなので、とても楽しんで見ています。

言葉の世界を超えた、本当にユニークな作品です。

うちの子は、1歳くらいから読み聞かせています。






フレンチベビー服 DPAM(ディーパム)ストアオープン



Agronatura





今日の絵本 no.32

A Color of His OwnA Color of His Own
(2000/11/14)
Leo Lionni

商品詳細を見る



今日の絵本は、レオ レオニさんの、

A Color of His Own

じぶんだけのいろ-いろいろさがしたカメレオンのはなし)です。

私が持っている絵本は、英語版なので、
あえてこちらの表紙を使わせていただきます。
日本語版は、谷川俊太郎さんの翻訳になります。

レオ レオニさんは、1910年オランダのアムステルで生まれます。
イタリアで暮らした後、1939年アメリカに亡命。
1962年にイタリアの戻り、のちに児童文学作品のイラストレーター、
絵本作家となります。

このお話は、自分のカラーを探し続けるカメレオンくんのお話です。

カメレオンくんは悩んでいます。
オウムは緑色。金魚は赤色。

みんな、自分のカラーを持っているのに、自分は自分だけの色がない…と。
レモンの上に乗れば、カメレオンくんの体はレモン色に…
トラの上に乗れば、ストライプのトラ柄に…

どこに行っても、何をしていても…周りの色と同色になってしまう。
そんな悩み深いカメレオンくん。

そんなある日、他のカメレオンに遭遇。
目から鱗のお言葉をいただき、
悩み深いカメレオンくんの悩みもやがて解決してしまいます。

深いです。この絵本
絵的にはとても可愛らしく、親しみやすいカメレオンくん。
けれど、文面が単純なわりに、奥が深い…。

ハッピーになる為には、
時には、自分のカラーにこだわる事を捨てることも大事だよ。
というような事を、作者レオ レオニは伝えたかったのかもしれませんね。

きっと、オランダで生まれ、イタリア、アメリカと、
いろいろな国に住んだことのある人だからこそ、
自分のカラーにこだわったことにより、学んだ哲学なんじゃないのかな…
と、私なりに解釈しています。

絵のカメレオンくんは、とても可愛いです。
最後のページで、赤に白の水玉模様のキノコに乗っている2匹の姿は
とても、ラブリーです。

「and red with white polka dots, And they lived happily ever after」

うちの子は、0歳の頃から読み聞かせています。



















今日の絵本 no.31

かあさん、わたしのことすき?かあさん、わたしのことすき?
(1997/07)
バーバラ ラヴァレー、バーバラ・M. ジョシー 他

商品詳細を見る





今日の絵本は、バーバラ ラヴァレーさん 絵  バーバラ・ ジョシー  作 

わたなべ いちえ やく

かあさん、わたしのことすき?」です。

この本は、アラスカの北極圏に住むネイティブ「イヌイット」の親子のお話。
ここ10年ぐらいで「イヌイット」という言葉が世間に浸透したかと思いますが、
昔は、彼らのことを「エスキモー」という人が多かったようです。
彼ら自身が「イヌイット」と呼んでいるので、
今はこの呼び方の方が自然に広まっていったのでしょうね。
ちなみに、一言で北極圏と言っても広く、
グリーンランド、北カナダ、ロシアの一部、アラスカなどが、
北極地方になります。

この絵本を訳しているのが、渡辺 一枝さんで、
有名な椎名誠さんの奥様です。

今日のお話は、アラスカ地方のイヌイットの親子のお話になります。

女の子が、かあさんに尋ねます。
「かあさん、わたしのことすき?」
かあさんは答えます。
「ええ、すきよ、だいすきよ」
また、女の子がかあさんに尋ねます。
「どれくらいすき?」と…。
かあさんは、女の子に分かりやすいように、
いろいろなたとえ話を使って、
かあさんはこんなにあなたの事が大好きよと答えてくれます。

女の子は、かあさんにいろいろないたずらをしても、
わたしのことすき?と尋ねます。
かあさんは答えます。
「…おこるでしょうね。
でも、それでもかあさんはあなたがすきよ」


なんだかこのお話は、前に紹介したマーガレット・ワイズ・ブラウンさんの、
「ぼくにげちゃうよ」にストーリーが似ていますが、
かあさん、わたしのことすき?」では、
かあさんが、悪い事をした時には怒ります。
とはっきり言っているところが、ちょっと違いますね。

けれど、かあさんは怒るけど、あなたのことは大好きなのは変わらないのよ。
と愛情を伝えている部分が私は大好きです。

バーバラ ラヴァレーの絵が、とても可愛いのもおすすめです。
表紙では、イヌイットの毛皮のコートを着ていますが、
中身では、可愛い柄のワンピースを着ています。

また、いろいろなイヌイットの大事なシンボル用語や、
儀式で使う伝統的な仮面も描かれています。
シンボル用語には、後半にそれぞれについて説明書きもあります。

実に親切な絵本ですね。

この本は、わたしが独身の頃に、いつか自分の子供に…と思って買ったもので、今見てもこの絵はとても可愛くて、気に入ってます。

うちの子は、1歳くらいから読み聞かせています。









今日の絵本 no.30

いたずらかいじゅうはどこ?いたずらかいじゅうはどこ?
(1991/05)
パット ハッチンス

商品詳細を見る




今日の絵本は、パット ハッチンスさんの、

いたずらかいじゅうはどこ?です。

パット・ハッチンスさんは、1942年イギリスで生まれ。
リーズ美術専門学校卒して、後に絵本作家となります。
日本版の記載に、オリジナルの発行はUSA と記載されていますが,
やっぱり、イギリスだった!と調べてみて納得です。
絵の雰囲気や、家具、ファッションがどう見てもイギリスです。
イギリスのカントリーの雰囲気が良く出ています。

こちらの作品は、表紙の絵にもあるように、
かいじゅうヘイゼルの弟いたずらぼうやが、主人公です。
奥で、何かたくらんだような顔をしていますね(笑)

このぼうやがくせもので、やりたい放題のいたずらをやってのけます。
おばあちゃまが、いたずらを冷静に楽しんでいるので、
ぼうやは楽しくていたずらに拍車がかかっているようです。

これは、かいじゅう界にかかわらず、人間界にもありがちな人間模様ならぬ、
怪獣模様が繰り広がられます。
描かれたヘンゼル、ママ、おばあさん。
表情でその場の空気が読み取れます。
不思議と、そのことは読み聞かせている子供にも伝わるようです。

私的にも、ママかいじゅうに共感出来ることが沢山あるのですが、
おばあちゃんかいじゅうのように客観的に楽しむのであれば、
トイレの便器の中に、アヒルのおもちゃトイレブラシが刺さっているシーンは、
大好きです♡

この絵本は、とてもオシャレなドレスを着たかいじゅう?が可愛いです。

(翻訳でかいじゅとなっているのでかいじゅうなのですが、
 娘的には、かいじゅうはテラノザウルスなどのリアル感のあるものだったみたいで、 
 ちょっと納得するのに時間がかかりました)

うちの子は、5歳になってから読み聞かせました。










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。