絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.88

パパが宇宙をみせてくれたパパが宇宙をみせてくれた
(2000/10)
ウルフ スタルク
エヴァ エリクソン
商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、ウルフ スタルク・文 エヴァ エリクソン・絵 

パパが宇宙をみせてくれた」になります。


☆ 作者紹介 ☆

文を書かれている ウルフ スタルクさんは、
1944年7月12日 スウェーデン・ストックホルム生まれ。
スウェーデンを代表する児童文学作家であります。
その他にも、映画、テレビ、劇場などのも執筆されています。

1988年に絵本ぼくはジャガーだ」でニルス・ホルゲション受賞。
1993年に意欲的な作家活動に対して贈られるアストリッド・リンドグレーン受賞。
1994年「おじいちゃんの口笛」でドイツ児童文学賞など、受賞作品多数。

主な作品に「シロクマたちのダンス」「パーシーの魔法の運動ぐつ
地獄の悪魔アスモデウス」などがあります。

イラストを描かれている エヴァ エリクソンさんは、
1949年スウェーデン生まれ。
スウェーデンの人気イラストレーター・絵本作家です。
国立美術学校でテキスタルと美術教員コースを学びます。

以前「おじいちゃんがおばけになったわけ」(今日の絵本 no.72)でも、
紹介させていただいているイラストレーターさんで、
日本の方には、この絵本のほうが馴染み深いかもしれませんね。

ママときかんぼぼうや 」のさし絵でエルサ・ベスコフ賞を受賞。
主な作品に、
おじいちゃんがおばけになったわけ」「みどりの谷のネズミしょうぼうたい
パパはジョニーっていうんだ
おばけやしきへようこそ!」「ももいろのおばけ
ちいさないえが ありました」「もーっ、ローサったら!」などがあります。

☆ あらすじ ☆

今日の主人公は「ウルフ」少年。
ウルフのパパは白衣を着た歯医者さん。
仕事場にいたウルフにパパが言った。

「ウルフ、いまから宇宙をみせにつれていってあげよう。
 おまえも、ずいぶんと大きくなったからね」と…。

「それって、どこにあるの?」とウルフが尋ねると、パパはこう答えます。

「ちょっと、遠くさ」と…。

宇宙のことをまるで知らないウルフは、
宇宙についてあれこれパパに尋ねながら、歩き出します。

門を出て、右に曲がったり左に曲がったり、
マーケットの前を通り、
かなもの屋さん。さかな屋さんの前を通り。
しばらく行くと、パパはウルフを抱っこして水路を飛び越え、
街頭の無い丘へと登り、

「ここなの?」と言うウルフが聞くと、
パパはこくりとうなずきます。

ウルフはここを知っていました。
そこは近所の人たちがよく犬の散歩をして、散歩している原っぱでした。

「みえるかい?」パパはウルフに聞きます。

ウルフは原っぱを目を凝らしてみて、
カタツムリとひょろながい草を一本、そしてアザミをみつけて、
「うん、パパみえるよ」とウルフがささやききます。
ウルフは思います。

とてもきれいだ!これが宇宙なんだ!と…。

でも、パパが本当にみせたかったのは、「上…上だよ!」

そう。ウルフは自分の周りばかり見ていて、
パパが見せたかった肝心な空(上)を見ていなかったのです(笑)
ウルフは上を見て、空いっぱいの星を見ます。
そして、パパが一生懸命に星座を説明をしていたけれど、
ウルフには星はどれも同じに見えます。
でも、パパをがっかりさせたくなかったので、
パパが語る星についてのあれこれを
「う、うん」と答えてあげます。

そんな冷静で、大人な部分がある子供ウルフは、
小さいながらも最後までパパを気遣ってあげるのですが…。
パパはおおいぬ座ならぬ、おおいぬの○○を踏んで、
お話は急展開!!(爆)


☆☆☆

わたしはスウェーデンに行ったことがないので、
スウェーデンの街並は知らないのですが…。
ヨーロッパの行ったころのある小さなまちなどを思い出させてくれる、
エヴァ エリクソンが描く石畳の町並みが、とっても好きです。

この絵本は、作者ウルフ スタルクの幼少の頃の思い出が
題材なのだそうです。
お洒落で、素敵なパパだったのでしょうね☆

パパはウルフに宇宙を見せてくれると言います。

けれど、壮大な宇宙とはかけ離れた、町中の日常を通り過ぎ、
ウルフの期待をよそに、既に知っている原っぱにに到着します。
そこで、パパが見せたかっ壮大な宇宙のパノラマがあったはずなのですが…。
ウルフには、ただの☆にしか見えない(笑)

パパはウルフに宇宙を見せてあげるんだ!と、
ちょっと特別な事をする緊迫感が絵から感じられるけれど、
大人から考えてみると、子供に教えているつもりでも….。
実は、子供が気を使って物わかりの良い子でいてくれたりしているんだった…。
と、自分の子供の頃の気持ちを思い出したりするのも面白いですよ。

パパにも是非読んで欲しい一冊。

うちの子は6歳読み聞かせましたが、
4歳くらいの子からなら、楽しんでもらえると思います。

☆ウルフ スタルク☆



☆エヴァ エリクソン☆

スポンサーサイト

今日の絵本 no.77

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランドの絵本)
商品詳細を見る


今日紹介する絵本は、
マリア・テルリコフスカさんとボフダン・ブテンコさんの

しずくのぼうけん (世界傑作絵本シリーズ―ポーランド絵本)
になります。

まずは、作者紹介です。
文を書かれている マリア・テルリコフスカさんは、
ポーランドの現代作家のひとり。
ただ、残念なことに、
マリア・テルリコフスカさんの詳細がなかなかつかむ事ができず、
今回は、名前をご紹介するのみで…。
近いうちに、あたらし何か情報を得たら、ご紹介しますね。

さて、イラストを描いているボフダン・ブテンコさんは、
1931年2月8日水瓶座ポーランド生まれ。
1955年ワルシャワの学校を卒業。
漫画家、イラストレーター、ポスター・アーティスト、
映画や舞台のデザイナーなど、とても多彩なお方です。
パリ 、 ブラチスラバ 、 ブダペストの個々の展覧会を多数。
また、リミニでのポスターコンクールで銀賞を受賞。
多くのポーランド最高のブックカバーのデザイン賞を受賞。
数々の映画のポスターは、とてもユニークで、素敵なものばかり。
ボフダン・ブテンコ ギャラリーにて見られますよ。


さて、今日の絵本の主人公は、「しずく」(くん?)
しずくは、ある水曜日の日に、
村のおばさんのバケツからぴしゃんと飛び出して旅に出ます。
しずくは、綺麗好き。
汚れたからだを綺麗にするためにクリーニング屋さんへ。
けれど、いつも濡れていなくはいけないしずく。
クリーニングするのはやめて病院へ。
すると、病院ではしずくの汚れの中にいっぱいのばい菌が…。
ぐらぐらと鍋の中で煮立てて、
ばい菌をやっつける。とお医者さんが言います。

「まっぴらよ!」

と思って病院から逃げ出したしずくは水の中へ。
「おぼれる~」

と、思ったしずく。
水から出来たしずくが、水に溺れるなんて、おもしろい発想ですよね。

その後しずくは、溺れはしなかったものの、
蒸発して空に舞い上がって雲になったり。
雨になったり、氷になったり…。
そして、川に流され、水道水に混じり…。
しずくの大冒険は続きます。


この絵本は、しずくが主人公ではありますが。
何と言っても凄いのは、
水とはどういう物なのか…という事を、
幼児にとても分かり易く教えてくれていることですね。

さすが、ロングセラー絵本ですね。

しずくという物は、
水から出来ていて、水は温かくなると蒸発して雲になり、
雲は雨降らす。その雨は実は水からできている。
寒い時には、水は凍りになり、氷は岩をも砕く力を持つ事も教えてくれます。
そして、氷が溶けるて流れついた先は川。
川は町を流れ、それが水道まで繋がっていつという事も教えてくれます。
その蛇口から出る水が、わたしたちの生活に必要だってことを教えてくれる為に、
洗濯機(笑)でしずくはレースと一緒に洗われます。

この、一連のおはなしの中に、
今の時代、子供たちに伝えたい「eco」(エコ)な考えがありますよね。
バケツの中の水も、雨も川も水道水も、
みんな繋がっているんだね。
わたしたち人間が必要不可欠な水を大事にしようね…。
そんな思いが込められている絵本です。

私的には、大人目線として、
冒険家としておばさんのバケツから生まれたしずくは、
ひとりぼっちで旅に出る事にしたのは良いけれど、
はじめの旅先、裏に庭はホコリだらけで汚れてばい菌だらけ。
溺れそうになって、雲になったは良いけれど、
雲は居心地がよいので置いて欲しいと哀願するしずくを、
雨にして地面に落としちゃいます。
落ちた先は、岩の割れ目。
そこからは出られそうもないと思い、絶望に苛まされたしずくは
「このまま死んでしまうのね…。」とかなり落ち込んじゃいます。
けれど、しずくは運良く脱出できて、
また旅にでようと意気込んだしずくでしたが…。
今度は転げ落ちて川の中…。

あ~ついてない。ふんだりけったりな、しずくの旅(笑)

う~ん。しずくの冒険は、人間の一生にも似ているな…。
なんて、思ってもみました。
旅はそんなに甘くはない。
即ち、人生もそんなに甘くはないのよ…。
大人には、そんな教訓をも感じさせてくれる、
深~い絵本でした。

初版は、1965年。
日本での初版は1969年。
共産圏だったポーランドでこんな可愛い絵を描く男のひとがいたのですね(笑)

ポーランドは一度だけ、旧ドイツにあたる町に行った事があります。
そこは、小さな町でしたが、とても街並が美しく、
町中を走る電車などは、ドイツの電車のように、
デザイン性に長けていて、驚いたのを覚えています。

うちの子は、5歳になってから読み聞かせましたが、
4歳からでも十分に楽しんでいただけます。


今日の絵本 no.76

おはなしのもうふおはなしのもうふ
(2008/11)
フェリーダ ウルフハリエット・メイ サヴィッツ

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、
フェリーダ・ウルフ さん&ハリエット・メイ サヴィッツさん・文
エレナ オドリオゾーラ さん・絵の

おはなしのもうふ」です。

まずは、作者紹介☆

文を書かれたお二人から。

フェリーダ・ウルフさんは、
1946年アメリカ・ニューヨーク州に生まれ。
小学校教師を経て作家となる。
子育ての最中の景経験が創作のヒントになったといい、
はじめての著作となったヤングアダルト向けの小説は、
娘の体験をもとに書かれているそうです。
以後、多くの作品を発表。
旅行が好きで、旅先での出来事をストーリーにもちいることもあるそう。

ハリエット・メイ・サヴィッツさんは、
1933年、アメリカニュージャージー州生まれ。
絵本から、ヤングアダルト向けの作品まで、
幅広く活躍さしています。
車椅子を使った障害者スポーツとの出会いから、
からだに障害のある子どもを描いた小説や、
車椅子のスポーツの歴史を取り上げたノンフィクションも発表している。
フェリーダ・ウルフさんとの共著に
Is a Worry Worrying You?」がある。

絵を描かれている、絵を描いている、エレナ・オドリオゾーラさんは、
1967年スペインのドノスティア=サン・セバスティアン生まれ。

以前、今日の絵本 no.65「はんたいおばけ」で紹介しています。

祖父、父親ともに画家であり、
彼女自身は美術とインテリアデザインを学ばれます。

8年ほど広告関連の会社に勤め、
1997年に絵本画家となり、以来多くの作品を発表。

その数はなんと55作品以上。
日本では、この作品の他に「ハンタイおばけ」「超じいちゃん」などがあります。

本国スペインでは大変高い評価を受けており、
2004年Vegetable Glue (Books for Life)
ケイト・グリーナウェイ賞にもノミネートされています。

                            (一部著書より抜粋)


さて、今日のお話の主人公は「ザラおばあちゃん
ザラおばあちゃんは、雪に囲まれた山奥のちいさな村に住んでいます。

この村のこどもたちは、
おおきな毛糸で出来た「おはなしの もうふ」の上で、
ザラおばあちゃんのおはなしを聞くのが大好きでした。

ある日、ザラおばあちゃんは、
ニコライのくつに 穴が空いているのに気が付きます。
ザラおばあちゃんは
ニコライに暖かくて素敵な靴下編んであげようと思いつきます。
けれど、編んであげる毛糸がありません。
ザラおばあちゃんは、甘いお茶を入れて、
ちょこっと 考えてみることにしました
そして名案が浮かぶのです。

ザラおばあちゃんは、その晩みんなが寝静まった頃、
雪の中をニコライの家の戸口に、
編んだばかりの靴下を届けます。

しばらくしたある朝、郵便屋さんが鞄にマフラーが巻いてあるのを見付けます。
校長先生はてぶくろ
イワノフさんの井戸のそばには毛糸のエプロン
八百屋のおかみさんには、新しいきれいなショール
赤ちゃんのオルガには、ふわふわのおくるみ

みんなにプレゼントをくれるのは、
いったい誰なのでしょう?


なぞのプレゼントをくれる人が誰なのか、
村人たちは、知りたくなりました。

そこで、村長さんは言いました。

ザラおばあちゃんがいつもいっているじゃないか。
 どんな場合でも、探せば答えがみつかるものさ、ってね


そう。ヒントはザラおばあちゃんの「おはなしの もうふ」が
いつの間にかどんどん小さくなって、
仕立て屋さんのやせっぽっちのねこにコートがプレゼントされたころには、
おはなしの もうふ」は消えてしまったこと…と、
みんなのプレゼントの柄が、
やっぱり「おはなしの もうふ」に似ていたこと。

そして、その人物がが誰なのか分かった村人たちは、
なぞのプレゼントを届けてくれる誰かさんに、
とても素敵なサプライズを思いつくのです。


この絵本を紹介するのは、
ちょっと季節はずれかな…。とは思ったのですが、
こんな素敵な絵本に出会ってしまったのですから、
紹介せずにいられないほどの、素敵な絵本です。

ザラおばあちゃんの毛布の温かさが、
絵本のなかいっぱいに詰まった本です。
こころまで、ほんわかとザラおばあちゃんに癒されてしまいます。

秘密でプレゼントを送り続けることが出来るこころの優しさや、
そこで感謝の気持ちを伝えることの素敵さを教えてくれる絵本です。

そして、ザラおばあちゃんのくちぐせ。
どんな場合でも、探せば答えがみつかるものさ
最高に素敵な言葉ですよね。
子どもに教えてザラおばあちゃんの教えを伝えていきたいものです。

文章の温かさもさることながら、
エレナ オドリオゾーラさんのふんわりとしたやさしい絵にも癒されます。
ザラおばあちゃんの「おはなしの もうふ」も、
毛糸のカラフルなパッチワークも可愛いらしいし、
なんと言っても、
ザラおばあちゃんが素敵です☆

うちの子は6歳になってから読みましたが、
4歳くらいから、十分に楽しんでいただけると思います。
大人の方にも、是非 読んでいただきたい一冊です。

*エレナ・オドリオゾーラ*


*フェリーダ・ウルフ*&*ハリエット・メイ・サヴィッツ*


今日の絵本 no.73

おおきなおとしもの (ほるぷ海外秀作絵本)おおきなおとしもの (ほるぷ海外秀作絵本)
(1979/01)
H.C. アンデルセン

ジャン ウォー

商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、
H.C. アンデルセン(ハンス・クリスチャン・アンデルセン)・原作

ジャン・ウォール・文 レイ・クルツ・絵 の

おおきなおとしもの」になります。

まずは、作者紹介です。

原作者のH.C. アンデルセン
(ハンス・クリスチャン・アンデルセン)

あまりにも有名な方ですね。
わたしも彼の作品を何度も繰り返し読んで育ったひとりです。

アンデルセンは、1805年4月2日、デンマークのフュン島の都市オーデンセに、
貧しい靴職人の息子として生まれます。
1819年14歳でオペラ歌手になるためにコペンハーゲンに行きますが、
失敗し数々の挫折の繰り返します。
その後、ヨーロッパを旅し、
1835年30歳のときに、イタリアを旅した時のことを綴った小説
即興詩人」を書き作家として認められます。

その後『おやゆびひめ』『人魚ひめ
みにくいあひるの子』『はだかの王さま』など多くの童話を書き、
1875年8月4日、70歳でこの世を去る迄、
150編あまりの童話を発表されたようです。

彼が死去した時には、デンマークの皇太子や各国の大使。
子供からお年寄り、浮浪者に至るまで葬式に並ぶ騒ぎになったそうです。
世界中の人々に愛された童話作家さんですね。

この絵本は、アンデルセンが30歳の時に書かれた詩で、
1836年12月17日 Den Danske Bandeven と言う週刊誌に最初に掲載されたそうです。


アンデルセンの詩を元に文章を書いたのがジャン・ウォール
ジャン・ウォールは1933年4月1日に医者の息子として、
オハイオ州コロンバスで生まれます。
彼は古い映画のコレクターとしても有名な方だそうです。
代表作に The Anmals ' Peace day (動物の平和な日々)  
     Puss Kitty (ねこのキティ)
     Pleasant field-mouse (ゆかいなねずみ)などがあります。

絵を描かれているレイ・クルツは1933年アメリカ ニューヨークに生まれる。
スパニッシュハーレムで育った彼は、
5歳の頃から絵を描き始め、
高校卒業後、グラフィックアートを専攻卒業します。
彼はアートやデザイン、テキスタイル、壁紙のデザイン。
広告のイラスト、ファッションイラストなど、幅広いジャンルで活躍されました。
代表作に If I Had My Way (わが道を行くと)
     Alexander and The Terrible, No Good, Very Bad day
  (アレキサンダーととてつもない厄日) などがあります。


さて、今日ご紹介する絵本の主人公は「おちょうしもののおばさん
このおばさん。
一羽のめんどりと暮らしています。
このにわとり。よく卵を産んでくれます。
おばさんは、それを町に売りに行くことにします。
そして、そこからこのおばさんの白昼夢…(笑)

きっと たまごは おかねに なるわ。

夢物語は始まります。

たまごがお金になって、おばさんはめんどりを2羽買います。
そして、3羽になっためんどりは、たまごをいっぱい産んで…。
そのうちめんどりも増えて、たまごもいっぱい。

おばさん。
おかねもいっぱい

そこで、おばさん。
がちょう、ひつじ、ぶた、うし…
おかねが増えるたびに、動物を飼って…。

めんどりのおかげで、
おばさん、どんどんお金持ちになって…。
どんどん。
どんどん。

しあわせをつかんで行っているはず…なのですが…。
おばさんの現実は…。


この絵本を読んだ後に…。
おばさんの最後の結末に子供はめちゃめちゃ喜んでいるのですが、
母親として…。
ではなくて、同じ女性として、この物語は痛いとこをつかれたような、
ちょっと、複雑な気分を味わいました。

是非、大人にも読んでいただきたい作品です。

うちの子は、5歳になってから読み聞かせましたが、
4歳くらいから読み聞かせられる作品だと思います。






今日の絵本 no.60

デイビッドがやっちゃった! (児童図書館・絵本の部屋)デイビッドがやっちゃった! (児童図書館・絵本の部屋)
(2004/11)
デイビッド シャノン

商品詳細を見る



今日ご紹介する絵本は、デイビッド シャノンさん作の
デイビッドがやっちゃった!」になります。

以前に「今日の絵本 no.42」で紹介している、
だめよ、デイビッド!」シリーズの中の一冊です。

ご存知いたずらデイビッドがまたまたやってくれます(笑)

作者からのひとことで語られているように、
前回紹介した「だめよ、デイビッド!」では、
ママがだめよ!と言っているお話でしたが、
今回はデイビッドが語る側にまわった絵本です。


デイビッド シャノンさんは、1959年アメリカワシントン州生まれ。
ただ今、ロサンゼルス在住。

イラストレーターで活躍した後に、絵本の作家に。
1999年コールデコット賞オナー(次点)『だめよ、デイビッド!』
全米図書館協会優秀図書賞、
2002年 第7回 日本絵本賞 読者賞(山田養蜂場賞)を受賞しています。

さて、今日の主人公の「デイビッドくん
のっけから、言い訳しちゃいます(笑)

デイビッドは しっぱいすると
いつも いう…

ぼくの せいじゃ ないよ!」と…。

外で野球をしていて、ボールが窓ガラスを突き破ると…

だって、ボールがとんでったの」と…。

パンツ一枚で外を涼しげな顔で歩くデイビッドは…。

あっ、わすれてた!」と…。

床にこぼしてしまったジュースを見て…。

コップが たおれちゃった!」と…。

他にも、数々の良い訳をするデイビッド(笑)
けれど、そんなデイビッドの良い訳は、
なんだか愛らしくて、微笑ましいくらい。

最後にちょっと反省するデイビッドは、
そんな愛らしさを倍増させてくれます。

今回は、語る側にまわったデイビッドの言葉だけが綴られていますが、
実は、その間に怒ると怖いママの
だめよ!デイビッド」が隠れているのです。

ママに怒られる度に、言い訳をするデイビッド。

冒頭でも作者が語っていますが、

ママのダメは、心配だし、立派な大人になって欲しいからの
愛しているわ」の代名詞。

デイビッドの言い訳は、
ぼく、失敗したくないんだ…」の裏返し。

自分が娘に怒っている時に、
本当に「愛しているわ」なんて思っているかな??
と、ちょっとママとして足りないかもと思い、ちと反省しちゃいました。

この絵本。読み聞かせの時に、
子供にデイビッドの役をやらせてみると、楽しいですよ。
もちろん、ママは怒ると怖いママ役で。
けっこう、笑えます。

うちの子は、4歳になってから読み聞かせました。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。