絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.80

しろいはうさぎ (世界傑作絵本シリーズ・韓国の絵本)しろいはうさぎ (世界傑作絵本シリーズ・韓国の絵本)
(2007/05)
クォン ユンドク

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、クォン ・ユンドクさん 文・絵 の
しろいはうさぎ 」になります。

まずは、作者紹介からです。
クォン ・ユンドク(權倫徳)さんは、1960年韓国の京畿道烏山に生まれる。
弘益大学産業美術大学院卒業。
1993年から絵本をつくりはじめる。
韓国を代表する絵本作家の一人で、作品多数、国内外での評価は高い。
日本で出版された絵本に「マンヒのいえ」があります。
ソウル在住。
                            (絵本より抜粋)

さて、今日のお話は、韓国の済州島(チュジュド)に語り継がれていた
わらべ唄が題材になたお話です。

「シリドンドン コミドンドン シリドンドン コミドンドン」

流れるような音のような言葉で物語は始まります。
「コミ」とは、クモののことで、
「シリドンドン」とは、クモが糸にぶら下がっている様子を表現した、
済州島の方言なのだそうです。

「ゆらぁり ゆらりは くものすだね」

女の子がお家からジャガイモ片手に外に出ます。
外には、大きなクモクモの巣の真ん中で休んでいます。

クモのすは しろい」
「しろいは うさぎ」
「うさぎは とぶよ」
「とぶのは からす」
「からすは くろい」…。

と、こんな感じで言葉が続く唄が見開き2ページに一行書かれています。
こののような唄を「積み上げ唄」とも言うそうです。

からすは黒く、青いが海へと続きます。
そこに、クォン ・ユンドクさんの
どこかノスタルジックで直線をよく使う技法で描かれた絵が、
この短い文章に色を着け、短い文章に物語性を生み出します。
最後にとても美しく感動的な終わり方が待っています。

このお話を読むと、
自分の中に眠っていた思い出がパッと光を浴びることが多い人が多いかと思います。
もちろん、わたしもその一人です。

小さな頃に、わたしも同じような唄をうたいました。
この唄。どれだけ早口で言えるかを競ったものです(笑)
このタイトルを見て、え?聞いたことがあるよ。
と、懐かしくなって手に取ってみた絵本です。

「いろはに こんぺいとう」

いろはに こんぺいとう。
こんぺいとうは 甘い。
甘いは 砂糖。
砂糖は 白い。
白いは うさぎ。
うさぎは はねる。
はねるは カエル。
カエルは 青い。
青いは きゅうり。
きゅうりは 長い。 
長いは 廊下。
廊下は すべる。
すべるは オヤジのハゲ頭。

と、こんな具合に、私の知っている唄は、
白いウサギがオヤジのハゲ頭に変化して行きます。
情緒もノスタルジックも全くない、
下世話なお話です。

今日のお話は、白いウサギが感動のクライマックスを迎えるのを読んで、
世の中、もののとらえ方、そして感じ方ひとつで、
こんなにも結末が違ってくるんだ…。
と、日本人の素直になれない国民性を反映したようなクライマックスなのか、
お笑い重視で、オチがあったほうが良い的な考え方のせいかのか、
韓国とはお隣さんで、いろいろな文化の共通点もあるはずなのに、
ここまで国民性が違うんだな…、とつくづく感じさせられました。

この絵本の文章は、唄のように流れるので、
上の娘と一緒に、おもちゃのウクレレで適当に音を着けながら、
音のついた読み聞かせをしてみました。
もの凄く、楽しかったですよ☆

うちの子は1歳の時に読み聞かせました。



スポンサーサイト

今日の絵本 no.78

オレ・ダレ (講談社の創作絵本)オレ・ダレ (講談社の創作絵本)
(2002/12)
越野 民雄

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、越野 民雄さん・文 高畠 純さん・絵の

オレ・ダレ」になります。

まずは、作者紹介☆

越野 民雄さんは、1948年東京生まれ。慶応義塾大学卒業。
広告代理店のコピーライターとして、TV、新聞等の制作に携わりながら、
文筆家として活躍。
主な作品に「オー・スッパ 」「ぼく いぬ
名探偵モンスターパパの日曜日」「続・名探偵モンスターパパの日曜日
ワン (幼児図書ピース)」などがあります。

高畠 純さんは、1948年愛知県名古屋市生まれ。愛知教育大学卒業。
東海女子大学教授かたわら、
絵本作家、イラストレーターとしても活躍されています。
主な作品に「ピースランド」「だじゃれすいぞくかん」に「だじゃれどうぶつえん
ペンギンたんけんたい (どうわがいっぱい)
だれのじてんしゃ」で、ボローニャ国際児童図書展グラフィック賞。
オー・スッパ」で、日本絵本賞を受賞をされています。



さて、今日のお話は、たくさんの動物たち。
タイトルにもあるように、
「オレ・ダレだ」と子供も参加型の絵本です。

夜空にはキラキラ輝く月と星。
月明かり中に浮かぶシルエット。
そして、なぞなぞ形式で動物たちは自分の特徴を子供達に問いかけます。

「オレ、せが たかい。すごく とおくが みえる。
 でも、あしが とっても ほそい。だから きを つけないと、
 つまずいたら ヤじゃない。オレ、ダレだ。」

草原の中で、高い場所にある木の葉を食んでいるシルエットを見て、
子供は「キリン!」と元気によろこんで答えてくれます。

青い夜空。
黄色い月と星。
白い牙やいくつも見える白い目。
黒い動物たちのシルエットと草木。

単純色しか使ってないけれど、
それだけで、十分に動物たちが見えて来ます。

また、同じく黒でも、微妙に濃い黒と淡い黒で使い分けていて、
動物たちの柄や、皺などの特徴がよく表現されています。
そんな、黒での表現が、こんなにも動物達の存在感を写し出す物なんだ…と、
いままでと、ちょっと違った角度で動物を見る事ができたのが、
とても面白かったです。

動物になりきって、「オレは、ダレ」「ワタシは、ダレ」と、
ちょっと大袈裟に読むと、
子供達は、とっても喜んでくれて、
なぞなぞの答えを、かなり盛り上がって答えてくれます。

うちの子は、1歳になってから読み聴かせました。




今日の絵本 no.74

うさぎのおうちうさぎのおうち
(2004/02)
マーガレット・ワイズ ブラウン

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、
マーガレット・ワイズ ブラウンさん・文 
ガース・ウィリアムズさん・絵 の

うさぎのおうち」になります。

まずは、作者紹介です。

マーガレット・ワイズ ブラウンさんの作品は、
きんのたまごのほん
おやすみなさいおつきさま
ぼくにげちゃうよ」など、
何度もご紹介している作家さんで、
とてもふんわりとした、詩のような文章を書かれる、
素敵な作家さんです。
小さなこどもでも、十分楽しまむことが出来ます。

マーガレット・ワイズ・ブラウンさんは、
1910年アメリカの ニューヨーク州生まれ。
子供の本を編集者を経て、絵本作家への道を歩みます。
おやすみなさいおつきさま」の初版は、
アメリカで1947年。日本では1979年になります。
1990年代に入ってからは、「おやすみなさいおつきさま」が
子供を寝かせ付ける絵本の代名詞のになるくらい、
アメリカではもっとも有名な絵本になったようです。
1952年42歳と言う若さでお亡くなられたそうです。

ガース・ウィリアムズさんは、1912年ニューヨーク生まれ。
7歳のときにイギリスに移り住み、
ロンドンのウェストミンスター美術学校、王立美術学校で学ばれます。
1942年アメリカに帰り、ニューヨーカー誌での活躍をきっかけに、
さし絵と絵本の仕事に打ち込まれます。
大きな森の小さな家」「大草原の小さな家」シリーズは、
とても有名ですね。
1996年84歳没。



さて、今日の主人公は茶色の可愛いこうさぎ。

こまどり。かえる。グランドホッグ。
春を感じて動物たちがよろこんでいます。
うさぎは、自分の家さがしで、
道を駆けます。

駆けている途中で、うさぎはこまどりさんやかえるさんに、
それぞれのおうちはどこにあるのか尋ねます。

うさぎは思いを巡らせます。

いわの かげか
いしの したか
みきの うろか
つちの あなか
どんないえが いいかな


どこを うさぎの うちにしよう…。

そして、うさぎは一匹のうさぎに出会うのですが…。

この絵本のガース・ウィリアムズさんの絵はとても綺麗で、
見ているだけで、の美しさを堪能できます。
大袈裟かもしれませんが、本当に、繊細で美しい絵です。

また、マーガレット・ワイズ ブラウンさんの、
流れるような、詩(文)に、
ホッと癒されます

春の花々もさることながら、
ページごとに出てくるも必見です。

うちの子は、1歳
から読み聞かせています。




今日の絵本 no.70

ぶた すきなこといろいろぶた すきなこといろいろ
(2008/08)
ユリア ヴォリ

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ユリア ヴォリさんの

ぶた すきなこといろいろ」になります。

ユリア ヴォリさんは、1968年2月16日フィンランド・ヘルシンキ生まれ。
父は絵本作家のペッカ・ヴォリさん。
彼女は、ヘルシンキ美術工芸大学で美術を学んだのち、
絵描きのネズミを主人公にした「EERO」でデビューされます。

代表作『ぶた』(Sika)は、
フィンランドの日刊紙 ヘルシンキ・サノマットで掲載されたものです。

『ぶた』(Sika)公式サイトはこちらからどうぞ。

1996年IBBY(国際児童図書評議会)オナーリスト優秀賞を受賞。
1999年フィンランドのルドルフ・コイヴ賞を受賞。
2001年ボローニャ・ラガッツィ賞特別賞を受賞など多数受賞されています。

2008年には日本の各地でユリア・ヴォリさんの絵本原画展が
開催せれていたようです。
日本でも人気の作家さんです。

現在は、ご主人と3人の男の子といっしょにヘルシンキ在住。


さて、今回のおはなしの主人公は、愛くるしい顔のブタさんと仲間たち
おはなしは、みんなのすきなことを教えてくれます。

ぶたが すきなことは えを かくこと

絵の具だらけのエプロンをしたぶたが、
イーゼルにキャンバスに向かって筆を取っています。

スルは しょくぶつの おせわ

黒ぶたのスルが、
たくさんの鉢植えの植物に水をあげている姿がカワイらしい。

あなぐまは バレエに むちゅう

ふわふわのピンクのチュチュを着て、
ポーズをとっている姿も、これまたカワイですよ。

他にもペンギンやうしのすきなことも教えてもらえます。

みんな、すきなことをしている姿がとっても楽しそうです。
ユリア ヴォリさんが描く動物たちは、
目の動きで、よく感情を表現されていて、
楽しんでいたり、真剣だったり。
時には、得意気だったりするのがよく伝わってきます。

うちの子は、1歳になってから読み聞かせました。


今日の絵本 no.33

ばしん!ばん!どかん!ばしん!ばん!どかん!
(2004/10)
ピーター スピア

商品詳細を見る



今日の絵本は、ピーター スピアさんの

ばしん!ばん!どかん!」になります。

ピーター・スピアさんは、1927年オランダのアムステルダム生まれ。
1952年にアメリカへ渡りニューヨークでイラストの仕事を始めます。
なんと、100冊以上の絵本のイラストの作品を世に送り出しています。
「ノアのはこ船」では、1978年コールデコット賞を受賞しています。

この絵本のストーリーは、とってもユニークで、
挿絵に音喩(擬音)で音を表現するだけの絵本になりますが、
これが、不思議な世界に引き込まれます。

表紙の英国軍楽隊風のページでは、
大太鼓が「どん どん どん」
小太鼓が「たららん たららん たららん」
シンバルが「じゃあん」
風にはためく旗が「ぱた ぱた」
軍楽隊の足下からは「どす どす どす どす どす どす どす …」

絵と音喩のみでも、臨場感が伝わってくるのが、とても不思議です。

他にも、ケトルが「ぴいいいいいいいいい」
ミキサーが「ういいいいいいいいいいいいいいい」
機関車が「しゅっ しゅっ しゅっ しゅっ」
プロペラ機が「ぶるる ぶる ぶる ぶるるるるるるるるるるるるる」

全40ページにわたって、膨大な量の音喩での世界が繰り広げられています。
我が家の毎日の儀式。寝る前の読み聞かせの時間に読むと、
ほとんど最後まで読み終わる前に寝てしまうほど、
たくさんの音喩が出てきます。

どの部分を読んでいるのかが分かりづらいので、
指で示しながら読んでいますが、
本人は分かっているかどうかちょっと疑問ですが、
子供は音喩が大好きなので、とても楽しんで見ています。

言葉の世界を超えた、本当にユニークな作品です。

うちの子は、1歳くらいから読み聞かせています。






フレンチベビー服 DPAM(ディーパム)ストアオープン



Agronatura





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。