絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の絵本 no.93


たからものたからもの
(2006/05)
ユリ シュルヴィッツ

商品詳細を見る

今日ご紹介する絵本は、ユリ・シュルヴィッツ・作

たからもの」です。

☆あらすじ☆

むかし、とても貧しいアイザックという男がいました。
アイザックは、貧しくてお腹をすかせたまま
床につくことも珍しくはありませんでした。

そんなある日、アイザックは夢を見ました。

「都へゆき、宮殿の 橋のしたで、たからものをさがしなさい」

はじめは気にもとめてはいませんでしたが、
同じ夢を何度か見て、

「もしかしたらほんとうかもしれない」

…そう思ったアイザックは、旅に出ます.

森を抜け、山を越え、やっと都に着きますが、
宮殿の橋には、何人もの衛兵が警固にあたっています。

アイザックはしいて宝物を探そうとはしませんが、
いつも橋のあたりを歩き回っていました。
そんなアイザックに衛兵の隊長が声をかけます。
アイザックがどうしてここにいるのかを知った隊長は、
アイザックに言います。

「なんて やつだ。ゆめを まにうけて くつを すりへらすとは!」

と、やさしく笑って言います。
そして、隊長が以前見た夢の話をしてくれるのです。

その夢の話を聞いたアイザックは、
はるばる来た道を戻ります。
そして、アイザックは隊長が見たと言う夢のお話の通りにします。
そこで見付けたものとは…。

「ちかくに あるものを みつけるためには、
 とおくまで たびを しなければならないこともある」


☆☆☆☆

作者・ユリ・シュルヴィッツさんは、
今日の絵本 no.83「よあけ」で以前紹介している作家さんで、
「よあけ」も同様、
絵がとても静かで…物語は詩のように流れ、
いつのまにか、ゆったりとした時間に吸い込まれてしまいます。

主人公、アイザックはとても貧しく、
時にはお腹を空かせたまま小さなベットで眠り、
とても不自由な筈なのに、
絵から見て取れるアイザクックの顔はいつもやさしく微笑んでいるよう。

夢のお告げを見ても、
何度も見なければ、自分には無用のものと思い気のも留めず、
お告げ通りに宮殿の橋まで行っても、
しいて無理に橋のしたに行こうとはしない。
そんな欲の無い感じが、
衛兵の隊長の微笑みに通じるものなのでしょうね。

アイザックは、貧しくはあったけれども、
心までは貧しくはなかったのですね。

純粋であり、信じると言うことを素直に出来ると言う事は、
時には強いパワーを生み出し、現実のものとなる。
そんなことを、静かに教えてくれる絵本でした。

「ちかくに あるものを みつけるためには、
 とおくまで たびを しなければならないこともある」

めちゃめちゃ深い言葉ではないですか…。
なんだか、自分の今までの人生をちょっと振り返って、
海外に行って帰って来た時に、
住んでいる自分の街の美しさを改めて発見した時の幸福感…とか。
そんなことを、あれこれ考えてしまいました。

うちの子は、2歳になってから読み聞かせましたが、
絵本としては、そんなに長くはないものなので、
小さな子供から読めると思います。
是非、大人にも読んで欲しい一冊です。

☆作者紹介☆

ユリ・シュルヴィッツ(Uri Shulevitz)さんは、
1935年2月27日ポーランドのワルシャワ生まれ。
4歳で第二次世界大戦をむかえ、家族でポーランドを脱出。
8年間各地を転々として、1947年にパリに移住。
その後、1949年にイスラエルに移転。
働きながら夜間高校に通った後、
教員養成機関で文学などを学ぶび、
テルアビブでアートを学びます。
死海の西側のキブツで生活をしたり、徴兵で兵役も経験。
1959年にブルックリン美術館美術学校で絵画を勉強しにニューヨークに移住。
ヘブライ語の子どもの本の出版社のイラストレーターとして活動中。

1963年にはじめての自作絵本ぼくとくまさん」を出版。
本作品「たからもの」は、1978年出版。
1980年コールデコット賞オナーブックに選ばれます。

様々な賞も受賞されて、
1969年「空とぶ船と世界一のばか」でコルデコット賞 を受賞。
1998年「ゆき」でシャーロットゾロトウ賞受賞  &
     ゴールデン・カイト受賞(絵本イラスト部門)
1999年「ゆき」でコルデコットオナーブック
2009年「おとうさんのちず」でコルデコットオナー。

多くの作品を描かれ、絵本作家として活躍されています。
現在はニューヨーク在住。





スポンサーサイト

今日の絵本 no.92

給食番長 (cub label)給食番長 (cub label)
(2007/06)
よしなが こうたく

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、よしながこうたく さん・作

給食番長 」です。

☆あらすじ☆

キーン コ~ン カーン コ~ン♪
わんぱく小学校の 給食の時間がはじまりました。

どかん!ばしゃん!
1年2組はいつも大騒ぎ。
入学以来一度も給食をちゃんと食べていません。

「嫌いなものなんか 残しちまって、
 さっさと 遊びにいくぜ!」

そんな番長の言葉で、みんなは嫌いなものを残してしまいます。

怒った給食のおばちゃんたちは、
1年2組のクラスにのりこみますが、
番頭たちには効き目無し。

とうとう、給食のおばちゃんたちは、家出をしてしまいます。
給食が食べられないのは番長があんなことを言ったからだ!
と非難を受ける番長。
けれど、番長はそんなことでへこたれません。
なんと!番長は、給食を作ってしまうのです。
しかし…その出来は…見た目最高!味は…××!

凹みながら後片付けをして、
はじめて給食のおばちゃんたちの有り難さを知った番長は、
その後、見事な成長をとげます☆


☆☆☆☆

食育に感心が寄せられる今日。
子供がいる親としては、
食べ物の有り難さを感じてくれる食育の絵本は有り難い☆

この絵本は、
そんな飽食な日々をおくる現代人に、
スピード感溢れる絵で食べ物の大切さ。
そして、作ってくれる人への感謝☆
そんなことを教えてくれる大切な一冊です。

表紙でもあるように、
細部の(detail)ディテールにまでこだわっているイラストが最高に素敵です☆
イラストは、とにかくスピード感があり、
音が聞こえて来そうな絵本って、
なかなかないと思います。
番長が給食を作っているシーンでは、
番長の包丁さばきと、切られ飛んで行く野菜。
そして、それをみているにんじんの叫び…。
そんな、いろいろな音が聞こえて来そうな、
面白い絵本です。

この絵本は、我が家の下の子が大好きで、

毎晩、毎晩…。
幾日も、幾日も…。
何ヶ月も、何ヶ月も…。

読み続けている、我が家の不屈の名作となっております(笑)

彼女なりに、細部まで見ているようで、
登場人物を家族やトモダチに置き換えて、
このひとだれ?と聞くと、
ちゃんと同じ人の名前をあげてくれます。

ところどころに出てくる、
一風変わったうさぎだったり、
ひとつめニンジン。
そんな面白キャラを探すのも楽しいですよ☆

我が家では、食事をする前に、

「番長~お願いしますぅ!」と言うと、

2歳の娘がお手てを合わせて

「いただきますぅ~」と言ってくれます。

素晴らしい絵本です☆

うちの子は、2歳になってから読み聞かせました。


☆作者紹介☆

よしなが こうたくさんは、1979年12月31日大晦日福岡県生まれ。
九州産業大学デザイン科卒業。
18歳から作家活動をはじめ、現在、イラストレーターとして雑誌、TV、
CDジャケット、雑貨等あらゆる媒体にて国内外問わず活動中。
2007年2月より拠点を東京から福岡に戻しアーティスト3兄妹で
イラストレーション血族事務所「STUDIO Edomacho」を設立。
事務所と併設してアートカフェ「cafe Edomacho」も経営している。
はじめての絵本は『給食番長』

2010年3月には、NHKの教育番組「おはなしのくに」で、
「給食番長」をカンニング竹山さんが
素晴らしい演技でおはなしを語ってくれました。



                  (一部BOOK著者紹介情報より抜粋)


☆よしなが こうたく☆







今日の絵本 no.91

todana.jpg
とだな (バーニンガムのちいさいえほん 5)とだな (バーニンガムのちいさいえほん 5)
(1976/06)
ジョン・バーニンガム

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ジョン・バーニンガム 作・絵 の

とだな (バーニンガムのちいさいえほん 5)」 になります。

☆作者紹介☆

ジョン・バーニンガムさんは、1936年4月27日イギリスのサリー州生まれ。
少年時代は、10回も転校を繰り返し、
1954年には、2年間かけてイタリア、ユーゴスラビア、イスラエルなどを旅します。
後1956年にロンドンのセントラル美術学校に入学1959年卒業されます。
兵役を拒否し、いろいろな仕事をしたり、世界中をまわったりした経験が、
絵本のお話によく生かされているようです。

カードや、ポストカード。雑誌の挿絵や広告と言ったデザインの仕事にも携わり、
1963年に処女作「ボルカ―はねなしガチョウのぼうけん」で
ケイト・グリーナウェイ賞を受賞。
1970年に「ガンピーさんのふなあそび」で、
再びケイト・グリーナウェイ賞を受賞。
1971年に、80日間4400マイルの世界一周旅行をします。
その時には、日本にも立ち寄ったそうです。

主な作品に「アボカド・ベイビー」「ねえ、どれが いい?
わたしの絵本、わたしの人生―ジョン・バーニンガム
いつもちこくのおとこのこ―ジョン・パトリック・ノーマン・マクヘネシー
ガンピーさんのドライブ」など他にも多数あります。

奥様は絵本作家ヘレン・オクセンバリーさん。
二人の絵は、どことなく似ているのが、お互いの影響力の強さを伺えますね☆


☆あらすじ☆

小さな男の子が台所の下のとだなの前に座り、
とだなを開けています。
そのなかには、いろいろな台所用具がいっぱい。
ぼくは、それを全部出して遊んじゃいます。
ママはぼくがちょっと邪魔なので、他の遊びをしてみたら?と言います。
ぼくは他のあそびを考えて台所から出るのですが、
ママに呼び戻されてしまうのです。

それには、ちゃんとわけがありました。

☆☆☆☆

本当に、短い短い絵本です。
でも、短い絵本なのにもかかわらず、
ちゃんと最後のオチが、子供のしつけに関わることでした。
素晴らしい☆

この絵本の作者、ジョン・バーニンガムさんの絵は、
とてもやさしいタッチで、重要な部分しか描かれてはいないので、
小さなこどもでも分かり易く、楽しい絵本だと思います。

子供は、大人から見たら絶対におもちゃになんかなる筈が無いものが、
楽しいおもちゃにしてしまう、発想の転換の名人。
この絵本は、そんな子供のことを大きな愛情とやさしい視点から描かれているようです。
きっと、絵のやさしさからにじみ出ているように、
ジョン・バーニンガムさん自身が、とても子供の事を分かっているのでしょうね。

普段何気なく子供と接していて、
大人目線で「ぐちゃぐちゃにして!」とか、「それ使っちゃダメ!」とか、
口うるさく言ってしまう自分の大人としての小ささに、
ちょっぴり反省。

そうそう。ある程度は子供はいいんです。
大人は、ダメより見守る。
ホントはこれが大事なんですよね~。
(分かっているものの…まだまだです)

でも、ぐちゃぐちゃにしたままではいけませんよね☆
そこんところ、ちゃんと出来るようになるのを見守るのも、
親の役目ですよね…。

親って大変☆

うちの子は2歳になってから読み聞かせました。



今日の絵本 no.86

かいじゅうたちのいるところかいじゅうたちのいるところ

(1975/01)
モーリス・センダック

商品詳細を見る

今日ご紹介する絵本は、モーリス・センダックさん・作

かいじゅうたちのいるところ」です。

☆ 作者紹介 ☆
モーリス・センダックさんは、 1928年6月10日
アメリカ・ニューヨーク州ブルックリンのゲットー生まれ。
ご両親はポーランドからのユダヤ系移民で父フィリップと母サラの第3子。
子供の頃は、病弱で母のいる台所によくいたそうです。
彼が生まれた1928年はあの有名なミッキーマウスが生まれた歳でもあります。
彼はミッキーに強く惹かれ、12歳の時に見たミッキーの映画『ファンタジア』が、
彼のその後の作家活動に強い影響を与えたそうです。

高校卒業後、マンハッタンのF.A.Oシュワーツ玩具店で
ウィンドウを装飾する仕事につきます。
同時にアート・ステューデンツ・リーグ夜間部に通ってデザインを学び、
1951年、マルセル・エーメの童話「おにごっこ物語」に挿絵を描き、
イラストレーターへ転向。
その後、自作の絵本ケニーのまど」を出版します。
1952年、「あなはほるもの おっこちるとこ」で
ニューヨーク・タイムズ年間最優秀図書に選ばれます。
1964年、代表作「かいじゅうたちのいるところ」でコルデコット賞受賞。
1970年、国際アンデルセン賞画家賞受賞。
1983年、ローラ・インガルス・ワイルダー賞受賞。
2003年、アストリッド・リンドグレーン記念文学賞受賞と、
数々の賞を受賞されています。

その他の作品に、「まよなかのだいどころ」「まどのそとのそのまたむこう
ロージーちゃんのひみつ 」「そんなときなんていう?
くつがあったらなにをする? 」「ミリー」など他多数の作品があります。


☆ あらすじ ☆

今日のお話の主人公は、いたずらっこのマックス。
マックスがおおかみの着ぐるみを着て大暴れしていると、
「この、かいじゅう!」
と、おかあさんが叱られて夕食抜きで、寝室に放り込まれてしまいす。
けれど、マックスは「きりり」とした目でドアを睨むほどの余裕。
すると、寝室に木が生えるきて、どんどん生えて来て、
壁が消えて、寝室が森になってしまいます。

マックスなんだかとても楽しそう。
そこに。波がMAX号を運んで来て、マックスは船に乗って航海します。
そして、1年と1日航海すると、かいじゅうたちの居る所に到着。
かいじゅうたちはマックスを威嚇しますが、
マックスはかいじゅうたちに怯むことなく、
かいじゅうならしの魔法を使い、王様になります。

王様になったマックスは、かいじゅうたちを従えて、踊ったり木で遊んだり…。
ところが、マックスはいつしか淋しくなってしまいます。
やさしい誰かさんのことを思い出して帰りたくなったのです。
そして、マックスはかいじゅうたちの王様をやめるてしまいます。


☆☆☆

作者のモーリス・センダックさんは、
19世紀イギリスの古典絵本や20世紀スイスの絵本に興味を持った時に出会った、
憧れのランドルフ・コールデコット氏の絵を模写するのを好み、
そこから学んだで絵の構成などが、とても美しく素晴らしい絵本です。

この絵本は、発売当初は教育的ではなく、しつけに悪影響を及ぼすと言って、
当時の親からは批判を受けていたそうです。
たった、30年ほど前にでた絵本なのに、
まだまだ、今では信じられないほど、
アメリカのおかあさんも、驚くほどまじめだったのですね(笑)

たしかに、文では表現されてはいませんが、
マックスのいたずらをして楽しんでいる表情は、
絵でストーリーを理解する子供達には、
キラキラカッコいい王様に映っているかも知れません。
良いお手本ではないですよね(笑)

この絵本を初めて読んだ時は、
途中で見開き絵だけのページが続くので、
正直読み聞かせしづらい絵本だな…と、思ったのですが、
娘と何度か読んでいるうちに、
文のないページもなんとか楽しみ方を覚え、
出てくる怪獣たちのことを観察して、
どのページにはこの怪獣が出て来ていた!とか、
髪がながい怪獣が何匹いる!とか、
角がある怪獣は何匹いる!とか、
ページをパラパラと何度も捲ったりしながらの読み聞かせスタイルになりました。

この絵本を読み終えると、
イラストとしては出てこないおかあさんですが、
子供は誰しもいたずらっ子。
そんなマックスのような子供でも、
やっぱり恋しくなるおかあさん。
わたしも、娘達が遊びに夢中でも、
ふと思い出して恋しくなってくれるような、
そんな素敵なおかあさんになりたいなと、
母親目線としても楽しませてもらいました。

うちの子は、初めて読んだのは2歳になる前に読み聞かせました。





今日の絵本 no.83

よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)よあけ (世界傑作絵本シリーズ―アメリカの絵本)
(1977/06)
ユリー・シュルヴィッツ

商品詳細を見る


今日ご紹介する絵本は、ユリー・シュルヴィッツさん 作・絵 の
よあけ」になります。

さて、いつものように作者紹介です。
著者のユリー・シュルヴィッツさんは、
1935年ポーランドのワルシャワ生まれ。4歳で第2次大戦にあい、
各地を転々としたのち、1959年にアメリカに渡りました。
そこで、2年間ブルックリンの絵画学校に学び、やがて子供の本の仕事を始めました。
これまでに「空とぶ船と世界一のばか」でコールデコット賞受賞。
あめのひ 」などすぐれた絵本を数多く作っています。
東洋の文芸・美術にも造詣が深く、この絵本「よあけ」のモチーフは、
唐の詩人 柳宗元の詩「漁翁」によっています。
                          (絵本より抜粋)

さて、今日のお話はある日の夜明けに、
おじいさんんと孫がに船で出て行くというお話。

静まり返った夜。
の木下におじいさんと孫が寝ています。
月が岩に照り、山が黒々している夜。
そよ風が吹き、に並を立て、
もやがこもって来ると、
動物達が、静かに目を覚まし、
おじいさんと孫も目を覚まし、に船を出します。

そして、夜が明けて行きます…。



このお話。物語を読むと言うよりも、詩を読むと言う絵本なのです。
とにかく、美しい絵に美しい詩が溶け合って、
絵本を読み終わる頃には、
す~っと、心が洗われるような思いにかられてしまいます。

タイトル画にもあるように、
どのページの絵も四辺が丸く、
まるで、自分がおじいさんと孫を近くで見ているような気分にかられ、
いつの間にか、このの空気感を肌で感じ、
一緒に夜明けの美しさに包まれているような、
不思議な感覚を呼び覚ましてくれます。

わたしは、アメリカで6週間移動しながらキャンプ生活を送ったことがあるのですが、
アメリカの大自然の中で味わった「よあけ」を思い出し、
めちゃめちゃ懐かしくなっちゃいました。
まさしく!五感を研ぎ澄ました時に味わう事の出来る夜明けが、
描かれた絵本だと思います。

西洋的水墨がの如く、夜が更けている頃には、
ダークな色合いで表現されている景色も、
最後に、めちゃめちゃ美しい展開になるのも必見です!

「きらめかす」とか、「しずもる」とか、
子供にはちょっと難しい言葉も出て来ますが、
全然気にせず、読み聞かせると、
子供は不思議と言葉の音と、絵の感じで言葉の意味を捉えているようです。

うちの子は、2歳の頃に読み聞かせました。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。