絵本のある暮らし**絵本のある☆小さなしあわせ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

図書館絵本☆

ご無沙汰しております。
書きたい絵本のことはたくさんあるのに、
なかなか絵本のブログをアップすることが出来ず、
今回は、ちょこちょこ図書館借りている絵本をピックアップしてみました。
近々、がんばってこの中から絵本の紹介が出来たらと思っております。

今回借りた絵本








スポンサーサイト

今日の絵本 no.99


おふろおふろ
(2007/03)
出久根 育

商品詳細を見る


☆あらすじ☆

主人公のぼく。
お風呂に入る前から、何か嫌な予感?
ひとりでお風呂にはいるのって、どきどきしている。

え?

お風呂に入ると
「こんばんは、おまちしていました」
と、赤いネクタイで赤のシマシマのキャップを被った男の人が
お風呂に入って待っていました。

何やら資料を見ながら男の人は言います。
「あなたの よていは40ぷんです」と…
そう言って男はお風呂の中に沈んで行ってしまいます。

それは、これからぼくがお風呂の中でのびっくり体験の序曲だったのです。

それからぼくは、お風呂ジャングルを体験したり、
見知らぬ探検家に捕まってみたり、
のっぺりがおの真っ白な奴に助けられたりと、
つぎつぎに起こる、不思議なことの渦に巻き込まれて行きます。

スピード感満載のお風呂での摩訶不思議なおなはしです。

☆作者紹介☆

作・絵 出久根 育 (でくね いく)・挿絵画家、銅版画家

1969年東京都生まれ。武蔵野美術大学造形学部版画卒業。
1996年「おふろ」でデビュー。
1998年グリム童話をテーマにしたエッチング作品でボローニャ国際絵本原画展入選。
2003年「あめふらし」で第19回BIB(ブラティスラヴァ世界絵本原画展)グランプリ受賞。
2006年「マーシャと白い鳥」で第11回日本絵本大賞受賞。

2002年よりチェコプラハ在住

主な絵本作品に「はるさんがきた」「ペンキや」「ワニ
挿絵・挿画作品に「穴 HOLES (ユースセレクション)」「わたしたちの帽子
おかしな兄弟たち (グリム・コレクション (3))」など多数。

HP プラハのお散歩便り 出久根 育さんの日常が綴られています☆

☆☆☆☆

3歳の娘が図書館の棚からひょいっと引き抜いた一冊の絵本
ママ!これかりて!
差し出された絵本の表紙をみて、ふたりとも顔を合わせてにんまり。
表紙を見ただけで、面白そうなのがわかるようになってきた娘の成長に感激。

お風呂のなかの絵本は、
狭い一室での話なのに、想像力をかき立てられるので面白い。
しかも、この絵本は、広がりかたのスケールが大きい(笑)思わず…

「マジ?」

そんな言葉が出て来そうな展開がどんどん広がっていきます。
しかも、スピード感があるのも面白さを一層引き立てていきます。

出久根 育さんの絵も面白く、
主人公のぼくがお風呂に入る前のシーンで、
お風呂でなにかが起こりそう…
そんな緊張感が、お風呂場の扉までの距離感、妙に小綺麗な脱衣所から伝わってきます。

お風呂に入ると、
赤のシマシマの帽子(水泳帽?)ゴーグル?をかけ赤いネクタイにスーツ姿…
といった不思議な出で立ちの男が待っていたり、
展開がちょっとシュールで面白い。

しかも、ひとつの展開が終わっても、
次に第二話的にお話が続くのも魅力的です。

子ども達は、こういう奇想天外なおはなしが大好きなので、
我が家では何度も図書館から借りています。

勝手に男の作家さんっぽい絵本だぁ~と思っていたのですが、
調べてみたら、女性だったようで…。
女性でもこんな楽しい妄想ができるんだ…と感心しちゃいました☆

我が家では3歳ごろに読み聞かせました。





































今日の絵本 no.98


こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋)こうしてぼくは海賊になった (児童図書館・絵本の部屋)
(2006/08)
メリンダ ロング     デイヴィッド・シャノン

商品詳細を見る


☆あらすじ☆

ジェイコブは海賊のことをよく知っている。

彼が海岸で砂遊びをしていたら、
海賊船がやって来て、海賊達は岸までやってきた。
ジェイコブは穴堀名人として、
海賊の頭アマヒゲと手下にさらわれて海賊船に乗り込むことになってしまった。

ママやパパは忙しそうだったし、
明日のサッカーの練習までにでに帰ってこれれば大丈夫。

こうして、ジェイコブは海賊になった。

アミヒゲ船長は、金貨や宝石がいっぱいつまった宝箱を見せてくれた。
宝物の安全な隠し場所をさがして、さあ出発!

ジェイコブは海賊でいることを楽しみます。
汚い言葉も…行儀の悪い食べ方も…やりたい放題!
だれも、海賊にはお説教などしないし、
ありがとうもなければ、すみませんだってない自由な世界の海賊たち。

海賊は、やりたくないことは、ぜったいにやらない!
…デッキ磨きいがいは…。

ジェイコブは永久に海賊でいたい…。

彼は心底海賊であることを楽しんだのですが、
しばらくすると、海賊たちがやらないことで、
ジェイコブには喜ばしくないことも出て来てしまいます。

なんとなく…居心地が悪くなったジェイコブ。

そんな中、海賊船が嵐にあってしまい、
海賊たちは宝の隠し場所をどうしようか困っていたとき、
ジェイコブは、宝物を埋めるのに最高の場所を思いつくのでした。


☆作者紹介☆

作 メリンダ・ロング

アメリカの絵本作家。学校の教師。ファーマン・ユニバーシティ卒業。
現在、家族と共にサウス・カロライナのグリーンヴィル在住。
子どもの頃、海賊ごっこをしては、裏庭に宝物の箱を埋めた体験が、
本書を生み出すもととなっているそう。

絵 デイヴィッド・シャノン

デイビッド シャノンさんは、1959年アメリカワシントン州生まれ。
ただ今、ロサンゼルス在住。

イラストレーターで活躍した後に、絵本の作家に。
1999年コールデコット賞オナー(次点)『だめよ、デイビッド!』
全米図書館協会優秀図書賞、
2002年 第7回 日本絵本賞 読者賞(山田養蜂場賞)を受賞しています。

主な作品に「デイビッドがっこうへいく」「デイビッドがやっちゃった!
あめふりのおおさわぎ」「いいこだ、ファーガス! 」「ようせいアリス 」など多数あります。


☆☆☆

今日の絵本は、男の子でも女の子でも楽しめる
とっても面白い海賊の話です。

子どもたちはにとって、
海賊は怖くて危険な人たちイメージだったかも知れませんが、
この絵本に出てくる海賊は、
海賊の頭のアミヒゲ船長以外の手下たちは、
ちょっと面白い子どものような大人たち。

やりたくないことはしなくていいし、
しないからって、誰にも怒られない!

子どもにとってはまさに夢の世界☆

でも、この絵本では、やってはいけないことをするのは楽しいことだけど、
楽しいことばかりとはかぎらないのよ…。

食べたら歯を磨いたら虫歯にならないし…。
寝る前にパジャマに着替えたらすっきりするし。

ね、ママの言った通りでしょ(笑)

絵本を読み終わったら、そんな会話ができる楽しい一冊です。
うちの子は3歳のときに読み聞かせました☆

*メリンダ・ロング*


*デイビッド シャノン*









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。